スライス

  1. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。そんなとき、ありますよね。私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンスと心得よう!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手がスライスを打つ、その場面では前衛で動くチャンス。ここにもっと、焦点を絞っていくこ…

  3. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。その為に、ま…

  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一番、スライスショットの「良いな!」と思う部分は、ココです。スピン系だと難しいことが…

  5. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょう。きっと試合の中で悩んでいる方も多いはず。でも、なかなか解決策が無い・・…

  6. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは、どこかで「割り切れていない」からかも知れません。相手のサーブがすごく良い、それな…

  7. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

    スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるということ。もちろんスピン系のショットも両方に使えますが、スライスのメリットって、何でしょ…

  8. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、「ボレーでは手首をこねている」から軌道が安定しないのです

    ボレーが上手い人は、本当にどこにでも打てるような雰囲気がある。非常にテクニカルなショットを打っているので、つい手先で色々とやっているような印象ですが、実…

  9. テニス メロブ

    ストローク

    「苦し紛れのロブは、大抵入らない」からこそ、別な武器を用意しておきましょう

    深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?余裕が無いときには、苦し紛れのロブ、になってたりしないでしょうか・・・。試合で…

  10. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ワイドへのスライスサーブ」をしっかり磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の一つは、ワイドへのスライスサーブ、です。右利きの人は、意識が低いな・・・と思ってし…

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合は、「ポイント間の数秒で意志を確認し、決断し、伝える」能力…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします
  5. テニス知識

    テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
PAGE TOP