リターン

  1. テニス リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リターンミス、つまりサーブはそれほど威力が無くて自分のミスが多いときには、身体の開きから修正…

  2. テニス 準備

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リターンは前後、よりも左右に振られることが多い。それも2~3歩だけ・・・ですから、どこか…

  3. テニス 調子

    「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝てない

    私はいつも、「新しい視点」を探しています。T-PRESS自体が、そういう場になれば良いなと思って書いているので、もしかしたら「え?」と皆さんが思うような…

  4. テニス 構え

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮抗した試合になると、少ないチャンスをいかに活かすかが大事になってきますよね。その時…

  5. テニス 客観視

    ダブルスの試合では、「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いてきましたが、「それでもやっぱり、動けない・・・」という方へ。気持ちは分かります。…

  6. テニス メンタル

    ダブルスの試合で「センター寄りからサーブを打って来る」選手には、アングルへのクロスリターンは必須

    ダブルスの試合、強い選手ほどセンターからのサーブが上手い。コンスタントにセンターにキック系のサーブ、更にはワイドへのスライスサーブも見せてくる。…

  7. テニス メンタル

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体が開いてしまうとき、でしょう。つい力が入る、打つ方向を早く向いてしまう。そ…

  8. テニス ストローク

    しっかりと「気持ちがこもった」プレーをしている限り、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、やはり相手の前衛が気になる。逆に調子がいいときは、全く気にならない。そんな感…

  9. テニス ストローク

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに変えていこう!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「浅いサーブ」に対応出来ないケース、が多いように感じています。サーブは、いつも深い、…

  10. テニス リターン

    テニスの試合の中では、「どこかで本気で狙って獲りにいく」リターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合になればなるほど、必要な要素です。もちろん、全部のゲームが獲れればそれで問題は無い。…

  1. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない
  2. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
  4. サーブ

    テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げること…
  5. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている
PAGE TOP