リターン

  1. テニス リターン

    テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン」を身に付ける必要が…

    「自分のテニスにはこれと言って特徴も武器も無い・・・」そんな言葉を、先週ある高校生プレイヤーから聞く機会がありました。本当に、そうでしょうか?…

  2. テニス 技術

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて、相手前衛にプレッシ…

    錦織選手は残念ながら敗退してしまった全豪オープン。それでも、ジョコビッチ選手相手に果敢にトライしていたのはリターンからの攻撃的なプレー。特にコン…

  3. テニス リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・・・という方も多いんじゃないでしょうか。今回は、シングルスでのリターンに注目してみ…

  4. テニス ロブ

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくなる。だからこそ、サーブをストレートにリターンで展開していく技術が必要です。…

  5. テニス ストローク

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を持ってしても、このリターンが相手コートに入らなければ試合にならない。それも、甘いだ…

  6. テニス リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込めずに淡泊な試合になってしまいます。リターンに苦手意識がある人は、ストロークとの違…

  7. テニス ボレー

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのがリターンダッシュ。サーブ&ボレーよりも前に入りやすく、アプローチショットをスライス…

  8. テニス ストローク

    マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャーをかける意味とは?

    マレー選手の凄みは、何と言ってもそのリターン。サービスライン少し後ろまで、思い切って踏み込んでいく。このプレッシャーこそ、ブレイクの大きな鍵を握…

  9. テニス ダブルス

    「センターへ厳しいサーブ・・・でもリターンを沈めたい!」というときには、打点を少し後ろにとるという発…

    サーブ&ボレーを得意にする選手は、まずセンターへのサーブも得意。そこを高い打点で打たせて、浮いた角度の無いボールをボレーで決める・・・というのを得意パタ…

  10. テニス サーブ

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなときに、相手のセカンドサーブは大きなチャンスになる可能性があります。失敗しても良いので…

  1. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
  2. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  3. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい
PAGE TOP