リターン

  1. テニス メンタル

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体が開いてしまうとき、でしょう。つい力が入る、打つ方向を早く向いてしまう。そ…

  2. テニス ストローク

    しっかりと「気持ちがこもった」プレーをしている限り、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、やはり相手の前衛が気になる。逆に調子がいいときは、全く気にならない。そんな感…

  3. テニス ストローク

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに変えていこう!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「浅いサーブ」に対応出来ないケース、が多いように感じています。サーブは、いつも深い、…

  4. テニス リターン

    テニスの試合の中では、「どこかで本気で狙って獲りにいく」リターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合になればなるほど、必要な要素です。もちろん、全部のゲームが獲れればそれで問題は無い。…

  5. テニス リターン

    リターンゲームからリズムを作れる選手は、サービスゲームも楽に進められる

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったらサービスゲームを選んでました。ですが、今は約半々くらい、という話を聞いたことがあり…

  6. テニス リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストロークとどこを変えるのか、そこを明確にしておきたい。私が試合で意識しているのは、このポイ…

  7. テニス サーブ

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。そんなとき、ありますよね。私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボ…

  8. テニス サーブ

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。ですが・・・実際の試合は、どうでしょう。厳しいサーブがセンターに入って、そこに…

  9. テニス リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。その為に、ま…

  10. テニス メンタル

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、言い訳っぽいことを言っているアナタ。それではいつまで経っても、問題をうやむやにして…

  1. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  2. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い、だから変えていきません…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、「絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない」というルー…
  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
PAGE TOP