試合で使える

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を持っていますか?ハッキリ、前に詰める?ロブを警戒?大事なのは、何パ…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、コレでしょう。ロブに対する動きで味方を騙してばかりの人、本当にペアを組んでもらえな…

  3. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと感じるのは、無理して打っている訳でも無いのにアウトしてしまうボールが多いこと。よく…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークやボレーがいつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を実践していきましょう

    テニスの試合、長ければ何時間も。そんな試合が1日に何試合も繰り返される訳ですから、力んでいては身体全体の消耗度が激しい。しかも力めば力むほど、ボ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です

    よく、ボレーに必要なのは「センスですね」と言われることが多い。そう周りが言うものだから、ついアナタ自身もそんな感覚になってはいませんか?「自分は…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    ロブのコントロールを磨くには、「先に軌道をイメージして、乗せるだけ」の意識で練習しておこう!

    試合の中で、大事な場面で必要になるロブ。コントロールを磨いておけばアナタの助けになりますが、乱れるとそれは相手のポイントになるだけでなく試合の流れも悪く…

  7. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が最後に笑うことが出来る、のがテニスという競技です

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、をどれだけしぶとく繰り返していけるかどうか。ここに、強くなる人の共通点が見えて来る…

  8. テニス メロブ

    ストローク

    テニスのラリーでは、「自分のボールは良い場所にコントロール出来る前提」で考える癖を付けよう

    実力以上に、試合で結果を出せる人。そんな人は、やっぱりどこか「自信」がある。技術が無いと自信が持てない・・・みたいな考え方、改めてみませんか?…

  9. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人は、とにかく空に目線を残すことを意識しよう

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。上から下へ抑え込む意識を変えるだけで、サーブは自然に伸びていきます。男性で…

  10. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「失点か得点」の2種類しかないという事実をしっかり把握しないとダメ

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練習中の細かい仕草で分かる。彼らは、よく理解しているのです。たとえ練習でも、…

  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう
  3. テニス 前衛

    ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう
PAGE TOP