攻撃

  1. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さがあっても良い

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?私の印象だと、結構「まじめにオールラウンドに」攻撃していく選手が多い。特に学生の皆…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に、まずはタイプ別に分析して準備しよう!

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない。まともにストロークで勝てない、と思ったらどんどんドロップショットを使って相手を前…

  3. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格、フォアハンドの回り込みダウンザラインはなぜ危険…

    「あ、今のコースは違ったな・・・」と、感じる機会、ありますよね。特にシングルスの試合。攻撃も守備もアナタ一人で行う訳ですから、小さい失敗はすぐに…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を持っていますか?ハッキリ、前に詰める?ロブを警戒?大事なのは、何パ…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、コレでしょう。ロブに対する動きで味方を騙してばかりの人、本当にペアを組んでもらえな…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    ロブのコントロールを磨くには、「先に軌道をイメージして、乗せるだけ」の意識で練習しておこう!

    試合の中で、大事な場面で必要になるロブ。コントロールを磨いておけばアナタの助けになりますが、乱れるとそれは相手のポイントになるだけでなく試合の流れも悪く…

  7. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの試合、前衛が自分の外側、つまりはストレートを「守る」という行為について。実際に、ガ…

  8. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークを継続するには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。色々とアイデアや考え方はあると思いますが、私はシンプルにココをチェックしています。…

  9. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが有効なのは、時間で相手を精神的に追い込めるから

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、いますか?なかなか学生の方の試合ですと少ないでしょうが、大人の試合、ベテランの試合はこの…

  10. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    自分のスマッシュに「決定力が無い・・・」と感じている人が意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ばっかりの人はともかく、なかなかスマッシュって得意と呼べるまでには厳しい練習が必要。…

  1. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない
  3. テニス メンタル

    その他

    「基本のストロークが出来て、ラリーがつながるようになったら次はボレー」みたいな順…
  4. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について…
  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方
PAGE TOP