ネットプレー

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

    スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるということ。もちろんスピン系のショットも両方に使えますが、スライスのメリットって、何でしょ…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使ってボールを弾いてみよう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えませんか?打っている、というよりも「弾いている」に近い。パーンと弾くようなスマッ…

  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら、「相手を前に出すか、自分が前に出るか」の選択肢しか無いはず

    今回はちょっと極端な例のお話を。私が去年、シングルスの試合をする機会があったときに・・・もう、とにかくストロークがすごい、敵わないと思う相手でした。…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事

    前衛でのプレーが苦手な人は、どこが違うのか。上手い人を見ていると、決してラケットワークが特別に上手い訳では無い。だけど、とにかく足が動くし、軽い…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「ネットに出てパッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでもダブルスでも、ネットに出てプレッシャーをかけているつもりが、全く効いていないのであれば何か…

  6. テニス 言葉

    シングルス

    テニスの試合では、「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・・・」と思ったのも束の間、試合が始まってみると本当に戦いにくい。そんな経験、皆さん…

  7. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、練習メニュー改良案3つ

    練習メニュー、後半の定番と言えばこの練習。サーブを打って、リターンして・・・そのままクロスラリー、を何となく。実際にこういった練習、マンネリ化し…

  8. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対して、まず前衛の上から崩していく、そして2人で前・・・という形を作ると、試合慣れし…

  9. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても、当然のごとくパッシングショットの…

    ストロークのレベルは、年々上がっている。すごく実感するんですが、今ではジュニア選手もストロークは皆一定レベルに達していて、上手い。パッシングショ…

  10. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から全ては始まる

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをしている」ときじゃないですか?格上相手なら、そうなってしまうともう手が付けられない。…

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  2. その他

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることで…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い
PAGE TOP