1. その他

    T-PRESS CUP 2019.9 ダブルス大会を開催します

    来週にて第1回を開催させて頂きますT-PRESS CUP ですが、第2回の募集も開始させて頂きます。今回は男女のダブルス、で実施させて頂ければと思います!特に女子ダブルスは、まだ試合をするのが不安な初級者ペアの方も、運営側でサポートさせて頂きますのでぜひチャレンジしてみて下さい。また、前回同様に参加資格につきましては、大会の性質上非常に重要と考えており…

  2. 戦術

    自信とは、自分で作り出していくもの

    長らく更新が止まっておりまして、失礼致しました。このお盆の期間で、私はインカレ観戦、母校の練習参加等、足を運んでおりました。そこで、改めて感じ…

  3. 戦術

    あっという間に、人は老いる

    テニスを頑張りたいと、アナタ自身が思っていても。時の流れは、残酷です。本当に試合で勝ちたい、結果を出したいと思っていても、人は老いる。…

  4. フットワーク

    ネットプレーに強い人は、これを意識している

    試合の中で、前でポイントが取れる。ボレー戦に強い、前衛が得意という方が、自然と出来ている基本について。今回も、当たり前と思われるようなところ、…

  5. その他

    T-PRESS CUP 2019.8 開催します

    以前に告知させて頂きました、「試合経験を積む場」としての学生大会を以下開催させて頂きます。まずはやってみて、色々なことをみなさんと創り上げていくきっか…

  6. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と。私自身、なるべく相手にプレッシャーをかけるような動きをしているつもりでしたが、そ…

  7. リターン

    相手の前衛の、どこを見極めるのか?

    ダブルスの試合で、相手の前衛をチェックする。これ、意外と盲点だと思います。どこのペアでも、前衛は同じような感じだと決めつけてはいませんか?…

  8. 戦術

    4ポイントのシナリオ、を意識してみよう

    テニスのゲームは、1ゲームを取るのに4ポイント。15、30、40、そしてゲーム、となります。デュースやノーアドバンテージ形式にもつれ込むことも…

  9. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう

    みなさんは、試合の中でどんなプレーで相手と自分の実力を比較してますか?何となく試合が開始して、「この相手強いな…」と感じること、またはその逆もあると思…

  10. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?

    テニスの試合で、アナタ自身がボールを打つ。そこで、打つコースは、アナタ自身が決めることが出来る。球技はほぼ、この形ですが「自分の意志で、ボール…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる
  2. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、…
  3. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃな…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる
  5. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」
PAGE TOP