1. シングルス

    シングルスでのネットプレー、キーワードは「お1人様ポーチ」

    シングルスの試合で、結果が出ずに行き詰まっているみなさん。どこかで、「ネットに出るのを諦めている」節はありませんか?いや、私も過去はそうでした。今の時代に、前に出ても抜かれるだけじゃないか…と。ただ、この考え方は非常に「受け身」なんですよね。シングルスでも、ダブルスの「ポーチ感覚」って活きるんです。だったら、まだ戦い方があるじゃ…

  2. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇

    ダブルスの試合で、相手の前衛に捕まってしまう。こういうポイントが続くと、後衛でプレーしていて辛いですよね。自信を無くすし、試合のリズムも悪くな…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのスタイルなら、俺でも勝てる」と、どこかで思われている感じ、ありますよね。言ってやって…

  4. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い

    相手が前に出て来て、並行陣。アナタ自身、ここでどういう対抗策があるでしょうか?ロブ頼み?それでは相手が下がったら、もう打つ手無し。ロブ…

  5. ストローク

    攻撃的なスライス、防戦一方のスライス

    みなさんは、自分のスライスショットについてどう考えていますか?武器、という方もいれば、守りに使うだけ、という方もいるでしょう。ですが、試合を考…

  6. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる

    試合における、みなさんの武器は何ですか?私は、「大したことない選手に見えること」が自分の武器だと思っています。サーブは普通、ストロークも普通、…

  7. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】「膝の痛み」に効果的なリハビリメニューについて

    みなさん、この時期「膝」が痛むことはありませんか?私自身、大きな膝の怪我を負ったことは無いのですが、冬の時期は全体的に下半身が重たくなります。…

  8. メンタル

    勝った負けたより、真実が明らかになるということ

    試合に出ていれば、必ず勝敗はついて回ります。だからこそ、達成感もあるし、また頑張ろうという気にもなりますよね。でも、この勝った、負けた、という…

  9. ストローク

    タイミングだけで、打ってない?

    練習では良い感じ、だけど試合で勝てない人。結構、こういう人が多い気がします。特に、男性で速いボールを打つのが得意、と自覚しているようなみなさん…

  10. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?

    「私はセンスが無くて…ドロップ系のボールが、打てません」というお悩みの相談を、かなり頂きます。T-PRESSではドロップ系のショットで崩すのが…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  2. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  4. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴
  5. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星
PAGE TOP