1. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブルスのような低いストロークになっていないか、チェックが必要。ダブルスの試合に出てばかりで、たまにシングルス・・・という方は、軌道をチェックしておかないとミスの元。そもそも、みなさんストロークの軌道って・・・どうでしょうか?シングルスには、前衛がいないという事実&nbs…

  2. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、思っている以上に準備が遅い、ことに気付かないと成長は無いです。相手が打った瞬間に、…

  3. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

    試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。こうなると、もう強い相手との対戦は厳しいですよね。時間を作ったり、ネットにいる相手を下げることが出来…

  4. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう機会を、ぜひみなさん大事にして欲しいんです。なかなか、自分から「組んで下さい」とは…

  5. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

    夏の日焼け対策、男性はつい、忘れがちですよね。面倒で塗り直すこともなかなかしない、という人がほとんどでしょう。はい、私もそうです・・・。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多いと思います。ですが、私はある程度、ベテランやシニアの方でもシングルスの試合には出…

  7. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう

    ダブルスの試合、並行陣でロブに弱い。これは、試合では致命的な弱点になりますよね。この問題を手早く解決するには、後衛のポジションで調整するのが一番…

  8. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?

    ストロークで押されて失点する時は、ほとんどバックハンド。バックハンド側の返球が弱くて、相手の攻撃が続いてしまい失点・・・が多いと思いませんか?で…

  9. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないですけど、これが出来ると、学生からベテランの方までダブルスがすごく戦いやすくなる。相手…

  10. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です

    大会に出て試合をするなら、当然勝ちたい。でも、勝ち続けて終わるには、テニスでは優勝するしかないですよね。試合に出る、ということは勝利を目指すとい…

特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに変えていこう!
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ
  4. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?
  5. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
PAGE TOP