シングルス

【本イベントは終了しました】男子ベテランシングルス練習会、やります! 6月12日(木) @東京町田

この度、T-PRESSで新しい取り組みとして「ベテランシングルス練習会」を実施したいと思います。

ITFシニアツアーでも活躍中の佐藤博康プロと一緒に、ベテラン・シニア大会を勝ち抜くテクニックや戦術を、一緒に学びませんか?

少人数で3時間半、徹底的にシングルスの練習を行います。

テニススクールのレッスンに限界を感じている方、シングルスで結果を出したい方、年齢を言い訳にしたくない方など大歓迎です。

今後出来るだけ継続的な企画にしていきたいので、みなさんのご応募お待ちしております!

引用元:スマッシュ

実際にシングルスの試合で使っているテクニック、戦術を、具体的に余すところなくみなさんにお伝えします。

シングルスの試合での攻撃パターンを増やしたい方には、ぜひご参加頂きたいです!

日時

2020年6月12日(金) 19:00~22:30

場所

OTSテニススクール 南町田校(インドアオムニコート)

所在地: 東京都町田市小川7丁目6−20(詳細はコチラ

参加資格

35歳以上 男性(シングルスの試合に出ている方、挑戦したい方)

参加費

2,000円

募集人数

最大6名まで

備考及び、ご注意事項

・当日の練習模様をT-PRESS Youtubeチャンネルにて編集、配信させて頂きますので、予めご了承頂ける方のみご参加をお願い致します

・応募者多数の場合には、抽選とさせて頂きます(当選、落選問わず、メールにてご連絡させて頂きます)

・レベルは問いませんが、テニススクール中級以上でシングルスの試合が出来る方、意欲のある方のご応募をお待ちしております

・会場には駐車場が御座いますが、出来る限り公共交通機関をご利用頂けますようお願い致します

・その他ご不明な点など御座いましたら、お気軽に☟のご応募の際にご質問下さいませ(本イベントに関して、会場となるスクール様宛のご連絡はお控え頂けますようお願い致します)

たくさんのご応募、ありがとう御座いました!非常に多くの方にエントリー頂きましたので、募集は終了とさせて頂き、抽選とさせて頂きます。

引き続き、この企画は継続させて頂きます!

どうぞ宜しくお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  2. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  3. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

    シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

    テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズ…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?
  2. 戦術

    「自分たちは、何を目指してるんだ?」
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで
  4. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  5. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
PAGE TOP