シングルス

【本イベントは終了しました】男子ベテランシングルス練習会、やります! 6月12日(木) @東京町田

この度、T-PRESSで新しい取り組みとして「ベテランシングルス練習会」を実施したいと思います。

ITFシニアツアーでも活躍中の佐藤博康プロと一緒に、ベテラン・シニア大会を勝ち抜くテクニックや戦術を、一緒に学びませんか?

少人数で3時間半、徹底的にシングルスの練習を行います。

テニススクールのレッスンに限界を感じている方、シングルスで結果を出したい方、年齢を言い訳にしたくない方など大歓迎です。

今後出来るだけ継続的な企画にしていきたいので、みなさんのご応募お待ちしております!

引用元:スマッシュ

実際にシングルスの試合で使っているテクニック、戦術を、具体的に余すところなくみなさんにお伝えします。

シングルスの試合での攻撃パターンを増やしたい方には、ぜひご参加頂きたいです!

日時

2020年6月12日(金) 19:00~22:30

場所

OTSテニススクール 南町田校(インドアオムニコート)

所在地: 東京都町田市小川7丁目6−20(詳細はコチラ

参加資格

35歳以上 男性(シングルスの試合に出ている方、挑戦したい方)

参加費

2,000円

募集人数

最大6名まで

備考及び、ご注意事項

・当日の練習模様をT-PRESS Youtubeチャンネルにて編集、配信させて頂きますので、予めご了承頂ける方のみご参加をお願い致します

・応募者多数の場合には、抽選とさせて頂きます(当選、落選問わず、メールにてご連絡させて頂きます)

・レベルは問いませんが、テニススクール中級以上でシングルスの試合が出来る方、意欲のある方のご応募をお待ちしております

・会場には駐車場が御座いますが、出来る限り公共交通機関をご利用頂けますようお願い致します

・その他ご不明な点など御座いましたら、お気軽に☟のご応募の際にご質問下さいませ(本イベントに関して、会場となるスクール様宛のご連絡はお控え頂けますようお願い致します)

たくさんのご応募、ありがとう御座いました!非常に多くの方にエントリー頂きましたので、募集は終了とさせて頂き、抽選とさせて頂きます。

引き続き、この企画は継続させて頂きます!

どうぞ宜しくお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、体力温存したければ?

    シングルスの試合に出場しているみなさんに、必要なこと。それは間…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

    シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。攻撃につい…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!
  2. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う…
PAGE TOP