打点

  1. ストローク

    そろそろアナタ自身のテニスも、「打つコースがバレないように隠す」ことが本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対に欠かせない。そろそろ、自分が打っているボールがどうとか、そういうレベルを超えた考えを持っ…

  2. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識でちょうど良い」けどしっかりスマッシュで終わることが大…

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。シングルスでもダブルスでも、この攻防をどちらが制するのかは大きな試合の分かれ目になる。大…

  3. ストローク

    テニスの試合で、「深いストロークはなぜ有効なのか?」の理由についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて、「なぜ、深さが大事なのか?」についての議論が少ないと感じましたので、私の考えを書いておこうと…

  4. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押しは、「後ろ側の肩を前に出していく」ことでパワーアップ出来る!

    両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショットと言えるのではないでしょうか。男女共に、トップ選手のほとんどが得意にしているこのショッ…

  5. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。ですが高校から大学、社会人とステップしていくにつれて、確実に増えていくのがスライス主体のプ…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    自分の打ったボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけで各段に守備力は上がります

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?「足も遅いし身長も低いから、きっと守備力は低いな・・・」と思っている人、残念過ぎる。…

  7. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「オムニコートが得意な選手」、「ハードコートが得意な選手」の基本スタイル…

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと、ハードコート。クレーコートもあると思いますが、これはオムニコートと同類と考えてO…

  8. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭がある形」を意識すれば、安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識することで、確実に安定感が高まります。自分の頭の位置を意識すれば、身体が突っ込むことも無…

  9. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークを継続するには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。色々とアイデアや考え方はあると思いますが、私はシンプルにココをチェックしています。…

  10. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント

    フォアハンドは得意だけど、バックハンドがどうも・・・当たらない。そんなときに、試合中でも実践出来る改善方法、アナタにはありますか?迷ったときこそ…

レクタングル広告枠

  1. ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
  2. テニス ボレー

    その他

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃からチャンスに備えた準備が出来ている
  3. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」にしたい人に贈る、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  4. テニス テニススクール

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は、「サービスライン…
PAGE TOP