戦術

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    ネットプレイヤー対策に、「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そんなの、パッシングを速く打てば良いじゃない」と思うかも知れませんが、それは甘い考え。…

  2. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これが楽しいからこそ、試合に出て挑戦する価値がある。でも、いざコートの中に入ると・・・…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に試合で勝てるペアは、ロブで相手を「動かしてから」が上手い。特にポジショニング、が上…

  4. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を2人、自分の中に用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦うのは自分一人ですが、どこかでこういう「選手を使う発想」というのを持って欲しい。自…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合終盤に、消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、1日に4~5試合はある大会もたくさんありますからね。特にこの夏の時期、きっとアナタ…

  6. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには、サーブ側の前衛の仕事が不可欠です

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイントを決める?もちろんそれも大事。でも、サーブ側の前衛だったら、ぜひこの仕事を意識し…

  7. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式がノーアドバンテージの形、結構ありますよね。草トーを勝ち抜いていくには、こういう小さ…

  8. テニス チャンス

    サーブ

    テニスの試合、サービスゲームで「何も準備無しで、40-0」ほど危険な状態は無い

    サービスゲーム、調子良く3ポイント連取。40-0になって・・・どこか、安心してしまう自分、いませんか?分かっていても、どこか油断してしまう。…

  9. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」それは、アナタの得意コースを活かすため

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も多いでしょう。例えばショートクロス、みたいなショット。「試合で使わないだろ…

  10. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない

    「スマッシュ、好き!」と言える人。ほとんどいない・・・ですよね。バドミントン出身の方は何名か、私もお会いしたことがありますが、ほとんどのダブルス…

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
  2. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?
  4. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
  5. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか
PAGE TOP