心理戦

  1. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

    「格上のダブルスペアを倒したい」そう考えている人に、何度も書いてきたテーマですが、改めて書いて置きたいと思います。格上ペア相手に、やらなければい…

  2. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。マークを自分に集中させて、味方に決めてもらうようなプレー。これって、チーム競…

  3. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

    何度か記事で書いてきましたが、テニスはポジショニング勝負。それは、なぜか。強い相手との対戦ほど、「いつも通り」に戦っては勝てないからです。…

  4. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。テニスのリターン、前に入ってリターンしないと鋭いサーブは返球出来ない。これに…

  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

    ボレーの醍醐味って、何でしょう。私は、コレだと思います。相手の強力なストロークに、ルールで対抗出来る。いや・・・もちろん打ち返したい、で…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない

    サーブを返球する、リターン。これに苦戦する人は多い、ですよね。それって、なぜでしょう?もちろん技術不足、という側面はあるでしょうが、それ…

  7. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースラインという場面を増やしていこう

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお伝えしたいことは変わらない。それは、ネットに出てボレーで勝負しましょうということ。…

  8. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要な場面もある

    テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!そうです、確かにそうなんですが。私がお伝えしたいのは、自分自身で「雰囲気」を作ることの大切さ…

  9. テニス 前衛

    リターン

    ダブルスの試合で、前衛にポーチに出られたくなければ「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。どうやっても出られるときはストレート、への展開がもちろん有効ですが、もっと楽に出来…

  10. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からない・・・」という人。実は、すごく昔に私も言われたことがあります。当時は全く…

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピ…
  2. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について
  4. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  5. ストローク

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事…
PAGE TOP