回転量

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。でもほとんどの方、特に社会人からテニスを始めた方は「肘」の位置が低い方が多いように思います…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか。もしかすると、回転系のサーブに変えていく、ことが大事かも知れません。学生…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結構厄介な相手ですよね・・・。ベースラインより後方でリターンを構えている相手は、返球…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、ラケット面の少し下側で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?フォアハンドと違って、中途半端な「フラット気味」なショットになっている可能性が高い方も、…

  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、「打ったらラケットを身体に引き寄せる」くらいで良い

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。私の感覚では、学生の皆さんもすごくパッシングショットが上手い選手が多い。トップス…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜こう

    ファーストサーブが、ガシャった時。皆さん、頭が真っ白になりませんか?セカンドサーブ、もうどう打って良いのか分からない・・・。不安なままに…

  7. テニス ストローク

    ロブ

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦じゃない!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リターンでのオプション。以前にも書いたことがありますが、ダブルスの試合でリターンでのスト…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    試合ごとにいつも攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良いとき、もあるんだと思いますが、試合で攻撃力の波がある選手は多い。それって、そもそも…

  9. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「小指から振り出していく基本」を確認して練習すること

    サーブを安定させるときに、意識したいポイントとして「振り出していく指」があると私は思います。絶対に入れたい場面、のセカンドサーブこそ、出来るだけこの意識…

  10. テニス ポジショニング

    ボレー

    テニスの試合で「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんありますよね。特に、ハイボレーで処理するときに気を付けないといけないのは、このポイント…

  1. メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い
  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ
  4. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークを継続するには、3種類の打点だけまずマスターしよう
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブに自信が持てない人は、「スライスサーブも縦に変化していくこと」が分かると、…
PAGE TOP