リターン

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。そのときのコントロール、これは生命線。威力よりも、コントロール重視で打ちたいのがこ…

  2. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。これには、調子が良い相手を調子に乗らせない、という意味合いも色濃くあります。テニス…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも、そんなときに何が起きるか、想定出来ますか?きっとアナタも経験あるはず。も…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。はい、私もそうでした・・・。でも、両手バックンドストロークを打っていた頃、このち…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決めてしまいましょう。サーブを打って、その次の返球された3球目のボール。テニ…

  6. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。クロスに打つ、ストレートに打つ、全ては前衛のパートナーと約束済のことなに・・・それが上手くい…

  7. テニス リターン

    リターン

    速い球をまって、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」というご質問、を頂くときに私の答えは・・・あくまで目安、ですが基本は速い球を待つ。…

  8. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つい、力で対抗したくもなりますが・・・対抗したいのは、球種の豊富さ。スライスサーブ、…

  9. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょうが、ダブルスでリターンのサイドを決めたりするのに、参考になるかも知れないので。デュ…

  10. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思いますよね。これは、もちろん経験がものを言う部分もありますが、実は立ち方一つで変わっ…

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  3. テニス メンタル

    その他

    コーチングで人に何かを伝えたいなら、「違う言葉で表現出来る力」が現場では求められ…
  4. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いや…
PAGE TOP