ポジショニング

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスというスポーツは、ネットに近付けば近付くだけ動作が「シンプルでコンパクト」になっていく

    テニスコートって、結構広い。広いコートの中で、自分が求められるショット、というのもどんどん変わってくる。ネットに近い、遠い、という感じでどこを自…

  2. テニス シングルス

    サーブ

    テニスの試合のサーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想だと思いません?

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は、サーブを打つポジションも、差が出る。テニスは、自分でサーブを打つ場所、ある程度選…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対して、まず前衛の上から崩していく、そして2人で前・・・という形を作ると、試合慣れし…

  4. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、やっぱり「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

    「あぁ・・・今のポーチ行けたよな・・・」と、何度も試合で後悔する。私自身、そうです。つい手を出そうと思っても、後衛に任せてしまう。相手に…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    テニスではコートを守るのは無理、だから「ココに打たれたら仕方ない」という場所はあえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタのポジショニングが明らかに隙があってやられた場合と、本当にリスクを冒したナイスショット。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」くらいの意識でちょうど良い

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こちらがプレッシャーをかけてミスをしてくれているのであれば、それはもうミスではなく実力で獲っ…

  7. テニス ボレー

    その他

    チャンスをしっかり「浅い場所に角度を付けて打てる」、ようになればテニス上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打った瞬間に、諦めてくれるくらいのショット、でチャンスは決めることが出来るかどうか。ネ…

  8. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の攻撃を先読みしてポジションを移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれるのがテニス

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーやバスケでは相手をかわす、オフェンスのテクニックとして使われることが多いですよね。テ…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。今まで、「やり辛いな・・・」と感じた試合、どれくらいありましたか?そして、その…

  10. テニス ストローク

    フットワーク

    「自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?」を意識すれば、駆け引き上手になる

    相手のポジショニング、アナタはどの程度意識できていますか?全く無関心、という方は少ないと思いますが、前か後ろか・・・ぐらいにざっくりとしか確認していない…

レクタングル広告枠

  1. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  2. テニス 練習

    Q&A

    Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理…
  4. その他

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さな…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない
PAGE TOP