ポジショニング

  1. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプローチして前、に出たつもりが・・・パッシングショットの餌食になってしまう典型例ですね。…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    「スマッシュが怖くて、試合でロブを使えない・・・」人は、ロブを打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。相手スマッシュが怖い、と思っている方が多いように思います。この打開策は、ロブと…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー対、ストローク。コートの縦半面、または3列、クロスでやる場合も多いですよね。…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる

    全米オープンでも躍進が続く、大坂なおみ選手。試合の全てをチェックした訳ではありませんが、明らかに「バックハンド」の質が上がっているような気がします。…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い

    「打ったら戻って!構えて!」こういうアドバイス、皆さんもたくさん受けてきたと思います。もちろん、これはテニスの基本であり徹底されるべき。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・・触れそうで、触れない。そんなときに、後衛にいる自分はどう対処すべきか考えてみまし…

  7. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?

    テニスの試合、ちょっとした場面でその人の強さが出る。私が観るのは、ネットインのような場面。微妙な、どっちに転ぶか分からないようなポイント、でどれ…

  8. テニス リターン

    リターン

    速い球をまって、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」というご質問、を頂くときに私の答えは・・・あくまで目安、ですが基本は速い球を待つ。…

  9. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」はすごく理解している。ポジショニング、配球、戦術・・・でも、いざ試合になると、どうで…

  10. テニス スマッシュ

    ボレー

    攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう

    相手を追い込むネットプレー、どんどん前に詰めるときに・・・ラケットの位置はどうですか?せっかく良いポジションを取れていても、ラケットの位置が低いともった…

  1. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来…
  2. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  3. その他

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です
  4. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
  5. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結…
PAGE TOP