ボレー

  1. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、ラケットを動かし過ぎな人は「左手意識」で解決!

    片手バックハンドボレー、試合の緊張した場面でしっかり決めるには?これはもう、振り幅を小さくするに尽きるでしょう。右利きの方は、左手意識。…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

    守備力が高い選手は、ボレーも上手い。特に、相手から打ち込まれた場面ですよね。足元に打たれても、触れる範囲ならしっかり返球する。この意識、…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さんも経験、ありませんか?試合中で同じ1ポイントを落とすのでも、ネットから近いか遠いか…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

    ボレーの醍醐味って、何でしょう。私は、コレだと思います。相手の強力なストロークに、ルールで対抗出来る。いや・・・もちろん打ち返したい、で…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

    練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。ここで、ちょっと応用編。ボレーボレーでしっかり試合でも使えるボレー、に変えていくために。…

  6. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースラインという場面を増やしていこう

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお伝えしたいことは変わらない。それは、ネットに出てボレーで勝負しましょうということ。…

  7. テニス フットワーク

    ストローク

    ネットプレイヤー対策に、「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そんなの、パッシングを速く打てば良いじゃない」と思うかも知れませんが、それは甘い考え。…

  8. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばポイントを取りやすい

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、バックで!」と、コーチから言われてもなかなか出来ない・・・という方も多いと思います。…

  9. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、練習からネット近くの光景に自分から慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂いたアンケートの中でも、多かった課題がコチラ。「試合では、なかなかネットに出れないん…

  10. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃないですか?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールでも習いますし、有効な攻撃であることに間違いはありません。でも、実際の試合ではどうで…

  1. テニス 言葉

    シングルス

    テニスの試合では、「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコ…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う
  4. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰されると思っておい…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合に強くなる、ということは、外の世界を知るということ
PAGE TOP