ボレー

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のドロップボレーは、読めるようにならないと試合で勝てない

    試合の中で、相手のドロップボレーを先読みする。これが出来ないと、正直上のレベルで戦うのは厳しいでしょう。ダブルス巧者の選手は、必ずドロップ系のシ…

  2. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

    これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。もちろん、ステップは基本です。相手が打つ少し前、にスプリットステップを踏むことで、反応…

  3. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる

    ダブルスの並行陣で、いつ攻めて、いつ守るのか。これは基本、後衛のゲームメイクにかかっています。今回、改めて並行陣の基本から、どう後衛が攻撃の起点…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです

    ダブルスの試合、バックボレーは狙い目。特に相手に触らせていく、ことで効果的にポイントが取れますよね。繰り返しますが、結構ココ狙い目、ですよ。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合でも強いし、ネットプレーが苦じゃなくなる。打ち方の中でも、意外と見落とされがちな「打…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっかり身体の回転を抑えること、が今のアナタには重要です。ボールを飛ばそうという意識が強…

  7. テニス スマッシュ

    フットワーク

    試合では、「はいキター、ありがとー!」という感覚で

    試合で、思うように自分のプレーが出来ない・・・と、お悩みのみなさん。言葉の力、を借りましょう。強引にでも、こういう感覚、でボールを待ってほしい、…

  8. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。実はたくさんありますよね。私はその中でも、「駆け抜けるボレー」は絶対に必要だ…

  9. テニス ハードコート

    ボレー

    オムニコートで滑るボレー、次に対応出来ますか?

    意外と、男性プレイヤーでやってしまうケースが多い、このネットプレー。そのボール、で確実に決まるなら良いんですけど。オムニコートで足を滑らせるよう…

  10. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だと思って、この技術を試合で使っています。だからこそ、みなさんにもご紹介したい、のが…

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  2. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い
  3. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミッ…
  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛…
  5. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう
PAGE TOP