ダブルス

  1. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケアしていたら、どんどん沈められる・・・」と思っている方。もしかすると、足りないのは…

  2. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー

    ダブルスの並行陣、いざ試合で使おうと思うと・・・。結構相手前衛のプレッシャー、厳しくないですか?相手を視界に入れても、全然気にしないでしっかり打…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。パートナーの実力が、正直厳しい。だからこそ、アナタの力が試される。学生…

  4. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。サーブはファーストとセカンド、があるけど当然リターンは1回。相手のサーブが入れば、…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

    守備力が高い選手は、ボレーも上手い。特に、相手から打ち込まれた場面ですよね。足元に打たれても、触れる範囲ならしっかり返球する。この意識、…

  6. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

    「格上のダブルスペアを倒したい」そう考えている人に、何度も書いてきたテーマですが、改めて書いて置きたいと思います。格上ペア相手に、やらなければい…

  7. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さんも経験、ありませんか?試合中で同じ1ポイントを落とすのでも、ネットから近いか遠いか…

  8. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、きっとまだまだテニスは上手くなる。そういう方にお勧めの考え方、視点はこれです。…

  9. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

    今週の月曜日から、更新が滞ってましてすみませんでした。仕事で離島に行ってまして、電波が届かず過去記事のポストも出来ずで、ご心配(?)をおかけしました。…

  10. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。マークを自分に集中させて、味方に決めてもらうようなプレー。これって、チーム競…

  1. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ
  2. テニス ストローク

    メンタル

    アナタ自身、「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?
  3. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときには、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと意味…
PAGE TOP