スライス

  1. ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的に楽に返球出来る

    格上相手に対して、何が怖いのか。やっぱり速くて深いストロークで、左右に振り回されるのが怖いですよね。これは、具体的な対応策が見えないから、怖い。視点…

  2. フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻め切れない

    実際に試合で効果的なのに、いつも下に見られているショット。それは間違いなく、「スライスでしのぐストローク」でしょう。このショットを甘く見ていると、試合で…

  3. ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけで安定感がアップしま…

    ストロークのミスが多い場面、それは低いボールを返球するとき。特に身長が高い選手、学生の皆さんは膝より低いボールの返球に苦戦している印象が強い。今回意識し…

  4. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これでは確実にポイントを獲ることが出来ません。相手も慣れて来るし、アウトボールをしっかり見極めら…

  5. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい…

    スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?打つのは出来るけど、相手から打たれると・・・辛い!という方、多いんじゃないでしょう…

  6. ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が硬い人、目線を落とすのがまず難しい。ベテランの方や社会人の方は、膝を曲げるのも厳しい場面が…

  7. ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。ですが、実際の試合ではそんなに前にいけるボールばかりじゃない。その場でしのぐ、ようなボレ…

  8. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「ファーストボレーのアウトが多い」ときは、アンダースピンのかかり過ぎに注意

    サーブ&ボレーで、せっかく良い形でファーストボレーに入ってもアウトが多い。深く打とうとしてベースラインをオーバーいしてしまうのは、ナイスショットの一歩手…

  9. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるには、「溜めてからのコース変更」をできるようにしておくと試合で勝てる!

    スマッシュは速さと華やかさがある。シングルスでもダブルスでも、決まると一層、盛り上がっていきますよね。試合に勝てる選手、結果を出している選手でス…

  10. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。特に目立つのが、「身体が回転している」ような動きをしている選手。横にラケットが動い…

レクタングル広告枠

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる
  2. ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ
  5. その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント
PAGE TOP