スライス

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手に追い込まれそうなとき」こそしっかり相手のポジショニングを確認しておけば反…

    テニスの試合は、相手に攻撃されて「追い込まれていく」ときに、その人の実力が現れやすい。ダブルスの試合こそ、冷静に対応出来れば必ず、反撃のチャンスはある。…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが有効なのは、時間で相手を精神的に追い込めるから

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、いますか?なかなか学生の方の試合ですと少ないでしょうが、大人の試合、ベテランの試合はこの…

  3. ストローク

    スライス回転が上手くかからない人は、「ラケットにボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう…

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピンだけで良い!」と思っている人もいると思いますが、もし相手がスライスの使い手だったらどうでしょ…

  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「ただ速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では…

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?私は本当に、速さよりもコントロール、にとにかく終始。粘り強い相手でも、強打してくる相…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。特にシングルスの試合、でのネットプレーなんかは、厳しいパッシングショットやロブを食…

  6. ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構下に叩き付けようとしてミス、ネットしてしまう方多いと思います。よほどネット近くで無い限り、…

  7. 練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

    「グランドスマッシュ」と聞いて、アナタ自身どんなイメージですか?そんなに試合で打たないかな・・・と思っている方、意外と試合で落とし穴にはまるかも。打たな…

  8. ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット

    テニスの試合、練習、ついフィニッシュとなる花形のショットばかり意識してしまう。確かにそれも実力のうちですが、実際の試合では、そこまでもっていくのが難しい。…

  9. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それは雰囲気に出る。ボレーに苦手意識がある人は、まず「ネットが多い」というイメージを自分で…

  10. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。遊び心があって、みんなと盛り上がりながら出来る。細かいスライスのタッチを磨きながら、試合で…

  1. ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要
  2. サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見…
  3. その他

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  4. その他

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため…
  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる
PAGE TOP