スライス

  1. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

    上達している実感はあるのに、結果が伴わない。結果が伴わないから・・・自信にも変わらない・・・。そんな悩みを抱えている人、多いんじゃないでしょうか…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の終盤になればチャンスがある。まず、強い相手にはラリーを挑んでいくために必要なことは…

  3. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

    自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。簡単にパッシングで抜かれる場面が増えると、つい考えてしまいますよね。ボレーの重さ、はなかなか伝わり辛…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、「スライスで変幻自在にコントロール」出来るようになろう

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅いボールの処理が出来るようになるには、スライスを覚えるのが一番。試合の中でドロップ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ

    スライスを武器にしたい、でも何をすれば・・・?と悩んでいる皆さん。バックハンドで何となく打っているけど、浮いてしまって結局相手に決められるスライスを卒業…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」ことで生じるメリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、まずは正面のボールをしっかりバックハンドで処理する、ことがネットプレイヤーの最低条件になり…

  7. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バウンド、ギリギリで触って・・・しかもしっかりスライス回転をかけてストロークで返球、する機会…

  8. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。そんなとき、ありますよね。私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボ…

  9. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンスと心得よう!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手がスライスを打つ、その場面では前衛で動くチャンス。ここにもっと、焦点を絞っていくこ…

  10. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。その為に、ま…

  1. メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由
  2. その他

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています
  4. テニス 準備

    メンタル

    テニスのトーナメント大会で、「楽な初戦」はアナタにとってマイナスな要素にしか成り…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は…
PAGE TOP