ストローク

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。でもほとんどの方、特に社会人からテニスを始めた方は「肘」の位置が低い方が多いように思います…

  2. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に迷って失点してしまう人。すごくもったいないですよね。そんな皆さんに、今日は…

  3. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から

    今すぐ、ストロークをパワーアップしたい。そんなアナタにまずオススメなのは、基本となる体重移動から。前に踏み込む、だけじゃ甘いのがストロークの体重…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

    ボレーの醍醐味って、何でしょう。私は、コレだと思います。相手の強力なストロークに、ルールで対抗出来る。いや・・・もちろん打ち返したい、で…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

    皆さんも、必ず経験があるはず。試合中、ビビッてラケットが振れなくなって、そのまま試合が終わってしまう。後から後悔しても遅い・・・ですよね。…

  6. テニス リターン

    ストローク

    逆クロスのストロークは、腕先よりも身体の向きでコントロールすれば楽

    ストロークのコントロールを、「腕先」だけでやろうとしている人は、意外と多い。確かに、男性で手首が強ければそれも出来る、ときもあるでしょう。ですが…

  7. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていくには、打つタイミングを変えていこう!

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロブを上手く使えないとどんどん前にポジションを取られて苦しくなる。「何となく」で打っ…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。これって、男性だけの特殊な技術?確かに、一昔前まではそうでした。ですが、今…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得出来るものに仕上げていきませんか?バックハンドストローク、皆さんどうでしょう?…

  10. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手が「どこに打ってくるのか、分からない・・・」とき、ありませんか?試合に出始めたばか…

  1. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには、まず「相手の気持ちになっ…
  3. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
  4. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
PAGE TOP