テニス ストローク

シングルス

初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレイヤーの方と試合をするときに、意識したいことは何か?

まずはストロークが強力・・・という可能性があるので、出来るだけ前後に動かしたい。

そしてバックハンド側の浅いスペースに、スライスショットを打ってみることをオススメします。

男性だけでなく、女性のシングルスプレイヤーの方にもぜひ意識して試して欲しい作戦です。

 

初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

 


 

■ドロップショットを打つのは怖いけど・・・

ドロップショットを打つのには、結構勇気がいりますよね。

甘くなったら相手のチャンスボールになるし、厳しく狙おうとするとネットが怖いし・・・。

そう考えると、もっと安全に浅いストロークを打ってみる。

それを力を加減して打つのではなく、スライス回転のショットに切り替えることで自然に浅く打てると試合でも有効です。

フォアハンド、バックハンド共に、普段のスピンやフラットだけでなく、スライスショットを打てるように、練習しておく必要があります。

何気なく毎日、ただ同じようなラリー練習をしていてはダメなのです。

 

■オススメは、バックハンドのショートクロス気味のスライス

右利き対右利き、の対戦であれば、アナタのバックハンドのクロスが相手のバックハンドになります。

バックハンドの深いボールを打てる技術があるなら、その前のスペースを使えないのは勿体無い。

両手バックハンドストロークの方は、「両手のスライスストローク」をこの機会に練習してみましょう。

ボレーのような恰好で、打った後に上側の手を放してフォロースルーは片手で行ってみて下さい。

男性であれば、最初から片手でも良いと思います。

「普段、両手でストロークを打っていては、片手の切り替えでばれるのでは?」と思う方もいるでしょうが、この際ばれても良いでしょう。

あくまで崩すのが目的なのですから。

 

■ネットプレーと組み合わせると、より相手にプレッシャーを与えられる!

相手の態勢を見つつ、ネットにも出てプレッシャーをかけることが出来れば、相手はより嫌なはず。

何せスライスがかかっているショットは、打点を高く取れないのでパッシングショットが打ち辛いのです。

きっと「ロブ」で切り返してくる相手も、多いでしょう。

ネットに出るように見せかけつつ、しっかりロブもケアしておけば後はオープンコートにゆっくり打ち込むだけ。

前で崩して、ネットプレーで仕留めるという形は、相手が試合慣れしていない、ストローク主体の初中級の相手にはより有効です。

 

相手の土俵で、テニスの試合を戦うことはありません

初中級レベルの対戦相手であれば、ストロークの主戦場から違う場所に引っ張り出してあげることで、戦い方が楽になる。

「そんなことしなくても、勝てるし!」と思っている方、次、その次の試合を見据えてなるべく体力を使わないで勝つ方法を考えましょう。

勝ち方一つにしても、トーナメントで上にいく選手は隙を見せない。

ぜひ、したたかさを身に付けて大会を勝ち抜いていけるような勝ち方を、覚えていって下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  2. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている
  2. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの実戦では、「相手がボールを打ってから動き始める」では、いつまで経っても守…
PAGE TOP