テニス ミス

ダブルス

テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

ダブルスの試合、まずアナタ自身がシングルスと違うと考える点はどこですか?

コートが広い、コート上に2人いる・・・特に、コートが左右に広いという点は、かなり意識していることではないでしょうか。

ラインもしっかり敷かれて、可視化されていますしね。

それでも、実際の試合はというと・・・約9割のボールが「シングルスコート」に収まっているというデータがあります。

プロの試合でも、8割くらい。

これが意味するものについて、考えてみましょう。

 

テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

 

■横幅は2.74メートルしか広くない

実際に、ダブルスコートになることで拡がる横幅は、左右併せても2.74メートル。

これって、実際にプレーする感覚で言えばかなり狭い。

アレーの部分を狙うのは、本当にリスクが高いのでかなりリードしているポイント・ゲームでないと難しいと思います。

ましてやダブルスは相手も2人いるので、誰かしらが触れる守備範囲は広がっているのです。

左右の厳しいコースを突き過ぎて自滅することが無いよう、改めて自問自答してみるとダブルスは強くなります。

 

■強いダブルスはセンターを絞って左右に打たせる

また、強いダブルスペアは必ず2人の間である「センター」を塞いでいる。

並行陣でも2人で2段構えを敷いているので、距離も近く隙が無い。

だからと言って、左右のアレーに近いスペースに打つと、今度は角度を付けた攻撃で切り返してくる・・・。

ダブルスの試合で勝てないペアは、知らず知らずのうちにこういった術中にはまっていることが多いのです。

特に「ダブルスコートは広い」と感じている人は、自滅しやすい傾向にありますので注意が必要です。

 

■むしろ活用したいのは、「縦に長いテニスコート」

縦に長いコートは、しっかり活用したい。

ロブやドロップショット、相手を走らせて触らせる、陣形を崩すショットは、ダブルスで絶対に必要になります。

ダブルスならではの、「2人でどっちが触るか迷う場所」にあえてロブを上げてみるのも、有効な作戦。

この「縦」の揺さぶりがあれば、左右の攻撃はシングルスコートでも充分効いてくる。

左右だけで崩そうとするのではなく、前後の攻撃と混ぜることで、安全かつ効果的にポイントを獲ることが出来るでしょう。

 

ダブルスは、シングルス以上に「組み立てるポイント」を意識しましょう。

ペアと2人でしっかりと話し合って、ラリーの中で「どこで崩して、どこでポイントを終わらせる」かをイメージしておく。

その中で、全てのボールを運ぶ場所はシングルスコート内で充分という感じで、意識してみて下さい。

「シングルスコート限定で、ダブルス練習」をしてみるのもオススメです!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

  2. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ、ダブルスの試合で使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
  4. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事
PAGE TOP