テニス 攻撃

ダブルス

ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

スポーツには、ルールがある。

ですがこのルールに違反さえしなければ、自分たちで工夫してプレーするのはOK、なのもスポーツの魅力。

テニスにもまだまだ、実は工夫できる余地は残されていると私は思います。

今回は、ミックスダブルスで相手をかく乱する「ある作戦」について考えてみました。

どうにも男性の力強いストロークに、女性が対応できないときに・・・試してみても面白いかも知れません。

 

ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

 


 

■一言で言えば、「サーブを打った選手が前衛と交代」する作戦

テニスのダブルスでは、サーブを打った選手は基本的にそのまま後衛でプレーします。

後衛は、ダブルスにおいてゲームメーカーですので、ストロークで相手に押されてしまうと主導権を握るのが難しい。

だから思い切って、サーブを打つと同時に、前衛の選手と後衛のポジションを交代してしまう。

パートナーもすぐに交代出来るように、すぐ傍で待機している状態でポイントをスタートします。

言葉で説明すると難しいのですが・・・やることはいたってシンプル。

サーブを打ったら、左右のポジションを入れ替えること、だけです。

 

■「隙」が出来てしまうのは仕方ない

当然、サーブを打った後にポジションを変更する訳ですから、隙は生まれてしまいます。

相手がリターンする瞬間には、2人でベースラインにいる「後衛」のようなポジションで開始することになりますので、サーブはむしろ遅いくらいで良い。

速いとチェンジする時間も無くなってしまいますので。

「そんなの、チェンジした後にストレートに打てば、一緒では?」と思う方も、正解。

とにかくこの作戦では、「クロスラリーで押されてどうしようも無い・・・」ときに実行する、相手をかく乱させるアイデアの一つです。

冷静に対応されると、正直しんどいところなのは事実。

それでも打つ手が無くなったときには、試す価値はあると思います。

 

■これを発展させた形が、「Iフォーメーション」

実際にこういったチェンジプレーは、「Iフォーメーション」にも発展させることが出来ます。

前衛がどちらに動くか分からない、というのがこのIフォーメーションの魅力ですが、実際の試合ではやっぱりクロスを前衛が塞ぐケースが多い。

サーブを打った後衛の選手は、前衛が動いた後のストレートのポジションをケアすると、リターンの相手には本当に良いプレッシャーになります。

ダブルスの試合は、「ポイントが始まってしまえば」何をどう動かしてもOK。

特に実力差がある、ミックスダブルスのような男女で力の差があるときには、試してみても面白いでしょう。

 

たくさんの試合を、ぜひ客観的に見る習慣を付けて下さい。

みんな、どこか「型にはまったダブルス」になっているように見えてはきませんか?

テニスはショットの実力だけが、試合の結果を左右する訳ではありません。

特にダブルス、ミックスダブルスでは、工夫とボールを打つ以外の部分が大事になってくる。

ぜひテニス歴が長い方も、先入観をとっぱらって、一度考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

  2. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  6. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い
  2. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて
  3. テニス ボレー

    戦術

    試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく
PAGE TOP