テニス ボレー

ボレー

ダブルスで前衛が苦手…な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を実行してみよう

ダブルスの試合、硬式テニスでは順番に前衛と後衛の役割をこなしていかなければなりません。

特にパートナーがサーブを打つときには、最初にチャンスが来る可能性が大・・・と思っていても、待っているだけではボールは飛んできません。

だからこそクロスのリターンに対してポーチボレーで攻撃したいところですが、ボレーに苦手意識があるとなかなか出れず、結果的に前衛そのものに苦手意識が生まれてしまう、悪循環になってはいませんか?

それだとダブルスが楽しくないですし、上達も難しい。

今回は、少しのコツと技術を身に付けるだけで、前衛の動きが劇的に変わるアイデアをご紹介。

やるかやらないかは・・・アナタ次第です。

 

ダブルスで前衛が苦手…な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を実行してみよう

 

1.前衛の苦手意識は、ポーチに出れないところから生まれる

ボレーが出来ないというだけで、前衛に苦手意識が生まれてしまう。

逆に考えれば、ボレーが出来ればそれで良い、しかも、前衛であれば難しいボレーは必要無いのです。

「ポーチって速いボールに飛び込んでいくみたいで、難しい・・・」と思っている人、いませんか?

この意識が、自分でボレーを難しくしているんだと思います。

速いボールに自分が飛び込んで、そしてその打ったボールをコントロールするなんて、神業に近い。

もっと簡単に打てるような工夫をすれば良い、それだけのことです。

 

2.ポーチボレーの成功率を飛躍的に上げるコツとは?

まず、「ポーチは飛び込んで決める」という発想を、取り払いましょう。

先に動いておいて、待ち構えておいて打つ。

結果的に腕を伸ばしたりして飛びついた風に見えることはあっても、相手が打つ瞬間にはしっかり止まってスプリットステップを踏んでいるくらいがベスト。

その場所は、出来るだけセンターベルト近く。

つまりは、相手がリターンを打つ、ボールのインパクトの瞬間の前に、前衛はスタートを切って移動を始めているということです。

これが実行できていれば、後は普通のボレーをネットの近くで「ポン」と行うだけ。

コツと言うよりは、洞察力と決断力を磨く、に近いかも知れませんね。

 

3.テニスの前衛は、もっと「大胆に」目立って良い!

良いダブルスには、良い前衛の動きがある。

とにかく主張するし、自分からラリーに絡んでいこうとする。

でもそれって、「強いペアだから出来ること」だと思い込んではいませんか?

逆です。

実力的に劣るからこそ、サーバーや後衛を助ける為に前衛が動くのです。

結果的にストレートを抜かれたり、ポーチに出てもミスしてしまっても、相手はそのほうが絶対嫌なはず。

弱い相手が「工夫して仕掛けてくる」こと自体、対戦相手としては一番嫌なのです。

必死で一か八かの工夫をするのではなく、楽々余裕を持って、今回の先回りポーチのコツを実践してみて下さい。

きっとアナタのダブルスが、変わります。

 

高校から大学に進学したときに、ダブルスで全国区の選手を観たときに衝撃を受けました。

とにかくポーチに出る、出る、出まくる。

そして後半は相手が警戒してストレートに打ってくるので、それを仕留める。

この流れが、試合の中でしっかり出来ている。

まずはポーチに出ることから、自分の役割を果たせるのがダブルスの前衛。

ボレーの実力なんて、きっと後から付いてきます。

アナタもぜひ、ちょっとしたコツと技術を取り入れて、前衛の動きを「変えて」みませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

  4. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ」で充分!

    ダブルスで前衛にいるときに、ポーチに出て決めた後はストレートに誘いたい…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」ことで生じるメリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

  6. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    戦術

    真剣勝負のテニスの試合では、「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント…
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合中のプレーに波がある人は、「上の部分」を抑えてコントロールしていこう
PAGE TOP