テニス ストローク

ストローク

テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?

ストロークのバックハンドを両手で打っている人、男性でも女性でも多いと思います。

最初は難しくても、練習してくると安定して逆にフォアよりも打ちやすいかも・・・と、感じる人も多いでしょう。

でも安定しているだけだと、試合で武器として使うのは難しい。

今回は、より攻撃的なバックハンドストロークに改良していく為に、ちょっとしたコツをお教えします。

テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?

 


 

■コツは簡単!小指を余らすこと

両手で握るバックハンドは、どうしてもグリップの上のほうまで持ってしまうので、力が伝わり辛い。

だったら下側の手、右利きの方であれば右手の小指を、余らせてみるのをオススメします。

「余らす」というのは、つまりグリップを握らないということ。

薬指がグリップの一番下にきて、小指はフラフラしている状態でOK。

「これで力入るの・・・?」と感じる方、安心して下さい。

慣れればきっと、よりリラックスして打てるはずです。

リラックスしてスィングすれば、ミスも減ってより安定感が増すはずです。

 

■小指を余らせることで、より遠くのボールも遠心力を使って打てる!

両手バックハンドの弱点は、リーチが短いこと。

それもこのコツを使うことで、数cmですがラケットを長く持てるようになります。

短く持っていたときよりも遠心力が使えますので、ストロークのパワーが上がるはず。

同時にラケットヘッドのスピードも上がりやすいので、フォームはそのままに、ワンランク上のストロークを手に入れることができるでしょう。

ダウンザライン方向へもしっかり攻撃的に打てるように、練習しましょう!

 

■サーブにも応用できる、この握り

サーブを打つ時も、特に男性にはこの持ち方はオススメです。

「小指を余らせて、握らない」という持ち方、実はプロ選手でも結構実践している人、多いです。

こうすることで、サーブでもよりラケットが長く持てますし、ラケットが稼動しやすくヘッドスピードが上がりやすい。

間違いなく、スピードは上がります。

何より、リラックスできて疲れないのも魅力。

ぜひ騙されたと思って、一度試してみて下さい。

 

元プロ野球選手の松井秀喜選手は、この持ち方でバットを握っていたと言われます。

両手バックハンドもバッティングも、近いものがありますね。

パワーが出る為には、何よりリラックスが大事。

一度ぜひ、練習の中から試してみて下さい。

クロスラリーをバックハンドで制する為には、やはりボールの「伸び」が必要。

最初は違和感があると思いますが、慣れれば大丈夫。

試合で使えるストロークに、成長させていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術…

    ベースラインから下がり過ぎないことの重要性は、何度か書かせて頂きました…

  3. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  4. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くいかない

    試合に強い選手は、いつ「打つコース」を決めているのか・・・気になります…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    「ストロークをシュート回転させて相手のラケットの芯を外す」テクニックは近代テニスの試合では必須!

    最近のテニスの試合、特に錦織選手の試合を観ていて感じるのは、「ストロー…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

    ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。トッ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事
  3. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
  4. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!
PAGE TOP