テニス ポジショニング

メンタル

「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。

結局、「良いテニス」とはどういうテニスなのか・・・という、問いかけについて改めて書いてみたいと思います。

色々な人の、色々な考え方があると思いますが、シンプルにかつ、合理的に。

今回は2つの視点で、考えてみたいと思います。

 

「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

 


 

■まず1つ目は、「継続できるテニス」であるということ

まだ若い学生の方はイメージが湧きにくいかと思いますが、テニスは怪我との付き合いが大事なスポーツ。

どんなに良いショット、華麗なプレーが出来ても、結果身体を痛めてしまっては試合でも勝てない。

勝てないどころか、試合が出来ない状態になってしまうテニスは、良いテニスとは言えません。

年齢が10代のうちは筋肉も柔らかく、自然に怪我をし辛い身体になっていますが、30代、40代と年齢を重ねていくにつれて身体も変化してきます。

そこで、テニスをどう変えていけるか、という部分が、良いテニスになれるかどうかの分かれ目だと私は思います。

継続できるテニスは、1日3試合、10時間以上コートに立っても、しっかり同じようなプレーが出来るかどうか。

それが出来るテニスが、良いテニスなのです。

 

■打つコースを隠して、オールラウンドなプレーが出来るテニス

本当は試合に勝てるテニス、と言いたいところですが、今回はより具体的に。

テニスはみな、フォームもプレースタイルも異なっていて面白いスポーツですが、試合に勝つにはある要素が必要になります。

それは、「しっかり打つコースを隠せるテニス」です。

打つコースの選択肢が複数あり、その中から選択して相手に悟られないように攻撃できるかどうか。

そしてそのショット、プレーが、ベースラインでもネットプレーでも、サーブやリターンの場面でもしっかり出来るかどうか。

これが良いテニスの要素としては大事であり、結果試合に勝てるテニスだと思います。

 

■3つ目をぜひ、自分自身で考えて欲しい

「そんなの、言われてみれば当たり前じゃないか・・・」と思った方、多いと思います。

そう、当たり前のことこそ、良いテニスのベースになる。

そしてスパイスの効いた3つ目の要素、ぜひアナタ自身で見つけてみて下さい。

正解はありません。

答えを出すこと自体が、正解であり長いテニス人生の旅のテーマでもあるのです。

「おおげさな・・・」と思うかも知れませんが、ぜひ中学生、高校生の方にも、向き合って欲しい。

良いテニスとは、どんなテニスなのか。

自分なりにぜひ、考えて見て下さい。

 

試合に勝つには、ただひたすら、後ろで粘った方が良いのかも知れない。

でもそれって、良いテニスなのか、自分がやりたいテニスとは違うんじゃないか・・・。

そう考えているうちに、そんな粘りのテニスで結果が出てしまって変えられなくなる。

そんな時期も、長くテニスを続けていればがあると思います。

アナタにとっての「良いテニス」の答えは、今見つからないかも知れない。

だからこそ、探し続けて下さい。

それがきっと、試合で勝てる、強いテニスを作り上げていく基礎になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ

    テニス選手として、最高に嬉しいこと。それはやっぱり、試合に勝つ…

  2. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!

    試合になると、練習の強気なショットはどこへやら。何度出て経験を…

  3. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い

    メンタルが強い、弱いという話。これって、何度も書いて来ましたが…

  4. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  5. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

    リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。でも…

  6. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない

    みなさんが今、何かに苦手意識を持っているのなら。それは、大きな…

特集記事

  1. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  3. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  4. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて
  5. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
PAGE TOP