テニス ストローク

ストローク

「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり覚えましょう

学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれだけいるでしょうか?

最近ではプロ選手も含め、バックハンドストロークを両手で打つ選手が多い中で、なかなか練習をするのが難しいと悩んでいる人も多いと思います。

ソフトテニス経験者の方は、グリップをしっかり覚えれば振り抜いたスィングは得意だと思いますので、大きな武器になるはず。

改めて、グリップチェンジと打点について、確認してみましょう。

 

「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり覚えましょう

 


 

■グリップチェンジ、しっかりできていますか?

トップスピンのボールを打つには、厚いグリップに調整する必要があります。

フォアハンドでは出来ているのに、バックハンドはイマイチ固定できていない人が多いように思います。

コツとしては、まず思い切り厚く握ってみる、フルウエスタングリップと呼ばれるグリップで、一度打ってみることをお勧めします。

ラケットを地面と平行にセットした状態で、上から自然に握ってみて下さい。

「これで打てるの!?」というようなグリップかも知れませんが、打点を自分の身体のかなり前にセッティングすれば、力が入りやすいはずです。

踏み込んだ前足の30cm前に打点を取ったときに、地面と垂直にラケット面がボールに当たっていく、そこで力が入るような形をイメージして試してみて下さい。

 

■グリップを厚くするほど、打点は前にセット

グリップの握りは人それぞれ、好みもありますし一概に正解はありません。

しかし、その握り方によって打点が変わってくるのは覚えておきましょう。

トップスピンをしっかりかけたい人は、厚い握りで打点はかなり前にセットすること。

そして打点が前になれば、スィングスピードも速くしなければボールに回転がかけれません。

逆にスライスのショットは、スィングが多少遅くてもOK。

打点も後ろになりますので、スピン系とは全てが逆になりますので、覚えておいて下さい。

 

■グリップと打点を確認できたら、後はしっかりラケットを振り切ろう!

力の入る打点とグリップの感覚を掴んだら、後はしっかりラケットを振り切ること。

そのときに注意したいのが、身体の開きを抑えて打点を安定させること。

どうしても横振りになってしまうと身体が開いて打点が安定しないので、ラケットを持っていない手をしっかり後ろ方向に引いてバランスを取りましょう。

確実に良い打点で打てるように、速い準備と移動できるフットワークも必須です。

簡単なボール出しの練習から、徐々に長い距離を動く、前後に動くような練習で感覚を掴んでいきましょう。

 

片手バックハンドのストロークは、このグリップと打点を身に付けるまでが難しい。

一度身に付けてしまえば、両手バックハンドよりもリーチが長いですし、意外と疲れないというメリットもあります。

男性にしか打てない・・・というイメージがあるかも知れませんが、実は女性でも打てる人はしっかり打ててます。

打点さえ前、に取れるようになれば力はいりません。

ぜひ、トライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為のポイント4つ

    両手バックハンドストロークに悩んでいる方、この冬にしっかり練習して来年…

  2. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

    サーブを打って、返って来たボールをドーン!プロ選手では、お決ま…

  3. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

  4. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識していこう!

    全米オープンも佳境に入り、錦織選手の活躍も光ってますね。改めて…

  5. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

    深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。試合で相手…

  6. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこのポイント

    ストロークのフォームチェックの為によく動画撮影を行う。その時、…

特集記事

  1. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう
  2. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くして…
  4. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?
  5. 戦術

    「夏休み練習でワンランク上を目指せ!」テニスの試合で勝つには、相手からミスを誘う…
PAGE TOP