テニス メンタル

その他

新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

今まで色々な学校から上位選手を集めて、練習会みたいなイベントを企画したことがあった。

練習会と言っても、どちらかというと練習メニューをみんあで体験してもらって、それを各部活に持ち帰って実践してもらうのが狙い。

アナタ自身、もしテニススクールや外部の練習会等に参加する機会があれば、ぜひ積極的に練習内容を吸収して欲しい。

そして後輩にしっかり説明してみることが、自分自身の理解と成長に繋がります。

 

新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

 


 

■普段の練習が、「居心地が良い場所」になってはいないか?

テニスは楽しく、みんなで練習大いに結構。

但し、試合に勝ちたい、団体戦でも上位を狙いたいのであれば、練習自体が試合よりも厳しいものにしていく必要があります。

それは、ただ走る量を増やす、振り回しを厳しくする、というのでは意味がありません。

実戦的で、新しい練習方法をどんどん取り入れているかどうか。

練習自体が、みんなが慣れた雰囲気でダラダラと打つだけになっていないか・・・。

再度、危機感を持って客観的な視点で考えてみるようにしてみて下さい。

 

■やらされる練習が嫌なら、自分達で考えるしかない

以前、高校生のテニス部員からこんな相談がありました。

「顧問の先生がテニスを教えてくれない、先輩たちから基礎的な練習しかさせてもらえない」というもの。

確かに、同じような悩みを持つ部活で頑張る学生さんは多いと思います。

自分で考えて、自分で工夫しながら練習してみませんか?

まずは外の世界、スクールや他の学校、別な種目の部活でも良いので、たくさん観て自分なりに考えてみて下さい。

ポイントは、先入観を無くすこと。

今までの練習メニューの延長線上で考えるのではなく、思い切って変えていけるような考え方を持ちましょう。

 

■どんなレベルでも、人にテニスを伝えることが大事

みなさん、基本的には自分のテニスを良くしたい、強くなって試合に勝ちたいという方が多いはず。

その為にも、ぜひテニスを人に伝えたり、後輩に教えたりということを実践してみて下さい。

勉強でもそうですが、人に教えることが自分の知識の確認に繋がり、最高の勉強になりますよね。

テニスも同じです。

人から聞いたり、自分がもらって効果的だったアドバイスはぜひ、周りの人にも伝えてチームを強くしていきましょう。

 

テニスはちょっとしたコツやきっかけ、意識の持ち方で上達のスピードは大きく変わります。

それくらい、「言葉」には力がある。

すぐには難しいかも知れませんが、ぜひアナタ自身、力のある言葉を人に伝えて表現できるようになって欲しい。

そのときはきっと、テニスを通じて人間的にも成長できているはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に

    トップスピンのストロークでアプローチしてボレーで決める・・・なんてこと…

  2. テニス 練習

    その他

    T-PRESSへのご意見・ご感想についてはコチラ

    いつもサイトをご覧頂きまして、ありがとう御座います。T-PRE…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

    試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。自分の勝利…

  4. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  6. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を確認しておきましょう…

    テニスの試合が行われるテニスコート、大きく分けて3つのタイプがあります…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
  3. テニス 格上相手

    ストローク

    テニスのストロークの安定感をアップする為に、「使ってない軸足ありませんか?」とい…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?
  5. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、…
PAGE TOP