テニス メンタル

その他

新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

今まで色々な学校から上位選手を集めて、練習会みたいなイベントを企画したことがあった。

練習会と言っても、どちらかというと練習メニューをみんあで体験してもらって、それを各部活に持ち帰って実践してもらうのが狙い。

アナタ自身、もしテニススクールや外部の練習会等に参加する機会があれば、ぜひ積極的に練習内容を吸収して欲しい。

そして後輩にしっかり説明してみることが、自分自身の理解と成長に繋がります。

 

新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

 


 

■普段の練習が、「居心地が良い場所」になってはいないか?

テニスは楽しく、みんなで練習大いに結構。

但し、試合に勝ちたい、団体戦でも上位を狙いたいのであれば、練習自体が試合よりも厳しいものにしていく必要があります。

それは、ただ走る量を増やす、振り回しを厳しくする、というのでは意味がありません。

実戦的で、新しい練習方法をどんどん取り入れているかどうか。

練習自体が、みんなが慣れた雰囲気でダラダラと打つだけになっていないか・・・。

再度、危機感を持って客観的な視点で考えてみるようにしてみて下さい。

 

■やらされる練習が嫌なら、自分達で考えるしかない

以前、高校生のテニス部員からこんな相談がありました。

「顧問の先生がテニスを教えてくれない、先輩たちから基礎的な練習しかさせてもらえない」というもの。

確かに、同じような悩みを持つ部活で頑張る学生さんは多いと思います。

自分で考えて、自分で工夫しながら練習してみませんか?

まずは外の世界、スクールや他の学校、別な種目の部活でも良いので、たくさん観て自分なりに考えてみて下さい。

ポイントは、先入観を無くすこと。

今までの練習メニューの延長線上で考えるのではなく、思い切って変えていけるような考え方を持ちましょう。

 

■どんなレベルでも、人にテニスを伝えることが大事

みなさん、基本的には自分のテニスを良くしたい、強くなって試合に勝ちたいという方が多いはず。

その為にも、ぜひテニスを人に伝えたり、後輩に教えたりということを実践してみて下さい。

勉強でもそうですが、人に教えることが自分の知識の確認に繋がり、最高の勉強になりますよね。

テニスも同じです。

人から聞いたり、自分がもらって効果的だったアドバイスはぜひ、周りの人にも伝えてチームを強くしていきましょう。

 

テニスはちょっとしたコツやきっかけ、意識の持ち方で上達のスピードは大きく変わります。

それくらい、「言葉」には力がある。

すぐには難しいかも知れませんが、ぜひアナタ自身、力のある言葉を人に伝えて表現できるようになって欲しい。

そのときはきっと、テニスを通じて人間的にも成長できているはずです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  2. テニス 吹き出し

    その他

    テニスの練習仲間は、「皆が同じ意見にならなくても」それで良い

    皆さんはチームでテニスの練習をするときに、どんな意識で臨んでいますか?…

  3. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから面白い

    T-PRESSの読者の皆さんの中には、テニスを始めて間もない方から、長…

  4. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

    テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?私は今、3…

  5. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?

    試合前に色々作戦を考えたり、ウォーミングアップしたりするけど、意外と基…

  6. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  4. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  5. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない
PAGE TOP