テニス ポジショニング

スマッシュ

「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピードよりもコースを重視しましょう

「スマッシュが得意です!」と、言える方、どれくらいいるでしょうか?

プロ選手の中にも、ボレーは得意だけど実はスマッシュが苦手・・・という方も実際多い。

この背景には、近年特に技術の進歩が著しいトップスピンロブの問題があります。

ストロークが得意なプレイヤーが増えた今、スマッシュはより技術の進歩が求められているのです。

と、大げさに書いてしまいましたが、まずはオープンスペースへしっかりと打つスマッシュを打てるよう、ちょっとした意識から変えていきましょう。

 

「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピードよりもコースを重視しましょう

 

■遅いスマッシュで充分ポイントは取れる

スマッシュはどうしてもスピードを出したい。

そう考えたときに、陥りがちなのは、「バシッと打って、パワーを見せつけたい・・・」と考えてしまうこと。

もちろん、それで決まれば相手に与えるプレッシャーも相当なものがあり効果的なのですが、オープンスペースがあるのにそんなリスクを冒してしまうのはもったいない。

むしろ、スマッシュの前段階でしっかり相手をコートから追い出す、「組み立て」が大事なのです。

 

■実際に、スピードのあるスマッシュはいらない

実際に、試合に強い選手はスマッシュにおいてはスピードで勝負しない。

打つコース、または叩き付けて相手の頭上を越していく。

深い厳しいロブであれば、スピンやスライス回転をかけて相手コートにしっかり入れる。

ゆっくりでも良いので、オープンコートを狙ったスマッシュが打てれば、その次のボールでもチャンスになってくれる可能性も高い。

あくまでスマッシュも、コース勝負、確率勝負という意識を持ちましょう。

深いロブからのスマッシュは決めなくてOK、優位を相手に渡さないようにすれば充分です。

 

■山なりスマッシュ、意外と使えます!

山なりのスマッシュ、試合では意外と打つ機会があります。

厳しいロブでもしっかりスマッシュの形で打つことが出来れば、ロブを上げる相手にはプレッシャーがかかりますよね。

スマッシュをしっかり決める、だけでなく繋ぐことも出来れば相手にとっても嫌なプレーに。

ぜひコートの後方からは、スライス回転をかけた山なりのスマッシュをイメージしてみましょう。

スライスがしっくりこなければ、スピン回転でもOK。

コースをしっかり突くには、回転をかけてバウンド後に相手を走らせるようなイメージ。

スライスのスマッシュは、上に打って軌道が落ちて意外とコートにおさまってくれるのでオススメです!

 

スマッシュについては何度か書いてきましたが、大事なのポイントは2つ。

「深い位置からも、しっかり打つという意識を持つ」

「コースで勝負すること」

もちろん技術が伴えば一番ですが、まずは苦手でも意識をしっかりと持ってたくさん失敗したい

その為のトライは、誰でもできるはずです。

スマッシュについてぜひ意識を変えて、プレーも変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに移そう

    ただ力任せにスマッシュを打っても、なかなか決まらない。決まらな…

  3. スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる

    テニスの試合において、スマッシュは色々な場面で求められる技術。…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  6. スマッシュ

    「スマッシュ上手より、ロブ対処上手」テニスの試合で必要なシンプルな考え方

    スマッシュをどう考えている?技術的には難しいショットだと思うん…

特集記事

  1. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  3. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ち…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
PAGE TOP