テニス ポジショニング

スマッシュ

「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピードよりもコースを重視しましょう

「スマッシュが得意です!」と、言える方、どれくらいいるでしょうか?

プロ選手の中にも、ボレーは得意だけど実はスマッシュが苦手・・・という方も実際多い。

この背景には、近年特に技術の進歩が著しいトップスピンロブの問題があります。

ストロークが得意なプレイヤーが増えた今、スマッシュはより技術の進歩が求められているのです。

と、大げさに書いてしまいましたが、まずはオープンスペースへしっかりと打つスマッシュを打てるよう、ちょっとした意識から変えていきましょう。

 

「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピードよりもコースを重視しましょう

 

■遅いスマッシュで充分ポイントは取れる

スマッシュはどうしてもスピードを出したい。

そう考えたときに、陥りがちなのは、「バシッと打って、パワーを見せつけたい・・・」と考えてしまうこと。

もちろん、それで決まれば相手に与えるプレッシャーも相当なものがあり効果的なのですが、オープンスペースがあるのにそんなリスクを冒してしまうのはもったいない。

むしろ、スマッシュの前段階でしっかり相手をコートから追い出す、「組み立て」が大事なのです。

 

■実際に、スピードのあるスマッシュはいらない

実際に、試合に強い選手はスマッシュにおいてはスピードで勝負しない。

打つコース、または叩き付けて相手の頭上を越していく。

深い厳しいロブであれば、スピンやスライス回転をかけて相手コートにしっかり入れる。

ゆっくりでも良いので、オープンコートを狙ったスマッシュが打てれば、その次のボールでもチャンスになってくれる可能性も高い。

あくまでスマッシュも、コース勝負、確率勝負という意識を持ちましょう。

深いロブからのスマッシュは決めなくてOK、優位を相手に渡さないようにすれば充分です。

 

■山なりスマッシュ、意外と使えます!

山なりのスマッシュ、試合では意外と打つ機会があります。

厳しいロブでもしっかりスマッシュの形で打つことが出来れば、ロブを上げる相手にはプレッシャーがかかりますよね。

スマッシュをしっかり決める、だけでなく繋ぐことも出来れば相手にとっても嫌なプレーに。

ぜひコートの後方からは、スライス回転をかけた山なりのスマッシュをイメージしてみましょう。

スライスがしっくりこなければ、スピン回転でもOK。

コースをしっかり突くには、回転をかけてバウンド後に相手を走らせるようなイメージ。

スライスのスマッシュは、上に打って軌道が落ちて意外とコートにおさまってくれるのでオススメです!

 

スマッシュについては何度か書いてきましたが、大事なのポイントは2つ。

「深い位置からも、しっかり打つという意識を持つ」

「コースで勝負すること」

もちろん技術が伴えば一番ですが、まずは苦手でも意識をしっかりと持ってたくさん失敗したい

その為のトライは、誰でもできるはずです。

スマッシュについてぜひ意識を変えて、プレーも変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、断然試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基本を見直して顔を残そ…

    テニスの試合では、「頭より上」のボールはしっかり打ち切ってポイントを獲…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる

    グランドスマッシュ、試合で1回打つ機会があるか無いか、でしょう。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、いつの間にか「自分も苦手」に決め付けていないか?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
  4. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」…
PAGE TOP