テニス ポジショニング

スマッシュ

「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピードよりもコースを重視しましょう

「スマッシュが得意です!」と、言える方、どれくらいいるでしょうか?

プロ選手の中にも、ボレーは得意だけど実はスマッシュが苦手・・・という方も実際多い。

この背景には、近年特に技術の進歩が著しいトップスピンロブの問題があります。

ストロークが得意なプレイヤーが増えた今、スマッシュはより技術の進歩が求められているのです。

と、大げさに書いてしまいましたが、まずはオープンスペースへしっかりと打つスマッシュを打てるよう、ちょっとした意識から変えていきましょう。

 

「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピードよりもコースを重視しましょう

 

■遅いスマッシュで充分ポイントは取れる

スマッシュはどうしてもスピードを出したい。

そう考えたときに、陥りがちなのは、「バシッと打って、パワーを見せつけたい・・・」と考えてしまうこと。

もちろん、それで決まれば相手に与えるプレッシャーも相当なものがあり効果的なのですが、オープンスペースがあるのにそんなリスクを冒してしまうのはもったいない。

むしろ、スマッシュの前段階でしっかり相手をコートから追い出す、「組み立て」が大事なのです。

 

■実際に、スピードのあるスマッシュはいらない

実際に、試合に強い選手はスマッシュにおいてはスピードで勝負しない。

打つコース、または叩き付けて相手の頭上を越していく。

深い厳しいロブであれば、スピンやスライス回転をかけて相手コートにしっかり入れる。

ゆっくりでも良いので、オープンコートを狙ったスマッシュが打てれば、その次のボールでもチャンスになってくれる可能性も高い。

あくまでスマッシュも、コース勝負、確率勝負という意識を持ちましょう。

深いロブからのスマッシュは決めなくてOK、優位を相手に渡さないようにすれば充分です。

 

■山なりスマッシュ、意外と使えます!

山なりのスマッシュ、試合では意外と打つ機会があります。

厳しいロブでもしっかりスマッシュの形で打つことが出来れば、ロブを上げる相手にはプレッシャーがかかりますよね。

スマッシュをしっかり決める、だけでなく繋ぐことも出来れば相手にとっても嫌なプレーに。

ぜひコートの後方からは、スライス回転をかけた山なりのスマッシュをイメージしてみましょう。

スライスがしっくりこなければ、スピン回転でもOK。

コースをしっかり突くには、回転をかけてバウンド後に相手を走らせるようなイメージ。

スライスのスマッシュは、上に打って軌道が落ちて意外とコートにおさまってくれるのでオススメです!

 

スマッシュについては何度か書いてきましたが、大事なのポイントは2つ。

「深い位置からも、しっかり打つという意識を持つ」

「コースで勝負すること」

もちろん技術が伴えば一番ですが、まずは苦手でも意識をしっかりと持ってたくさん失敗したい

その為のトライは、誰でもできるはずです。

スマッシュについてぜひ意識を変えて、プレーも変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

    試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。つい浅い場所に叩き…

  2. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

    スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?スピード?コントロー…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と…

  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  6. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
  2. リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポ…
  3. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、が雁行陣の後衛には必要
  4. メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
PAGE TOP