テニス 気付き

その他

テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようになる簡単な練習方法とは?

テニスの技術において、「コースを打ち分ける」というのは簡単そうで難しい。

ストロークにしてもボレーにしても、自分が打ちやすいフォームでばかり練習していると、癖が付いてしまって抜けなくなり、結果打つコースが限定されるショットになってしまう方も多いのです。

とはいえ、実際どんな練習をすれば良いのか分からない・・・という方も多いと思いますので、今回は具体的な練習方法について。

普段、皆さんが使っているボールを工夫するだけで、実は劇的に技術向上につながるのです。

 

テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようになる簡単な練習方法とは?

 


 

■そもそも、コースの打ち分けって?

テニスでは、相手のいないところにボールを打つのが基本。

その中で、相手が「良い守備的なポジション」にいるときには、しっかり打つコースを隠して攻撃していかなければなりません

なかなか1球でエースになることは難しいので、2本、3本と良いショットを相手に読まれないように打って攻撃する。

この組み立てに必要なのは、自分でボールを打っていく中で、「ギリギリまで打つコースを選べるようにしておく」ことが出来るようになることです。

 

■練習方法は超簡単!普段の球出しの練習で一工夫するだけ!

練習方法は、すごく簡単でシンプルです。

球出しでストロークの練習をする際に、異なる種類の2種類のボールで球出しを行う。

例えばダンロップ、ブリジストンの2種類を混ぜて、ランダムに出していく。

そして打つコースをボールの種類ごとに決めておいて、「ダンロップは、ストレートへ」「ブリジストンは、クロス方向へ」という感じで、打ち分けてみましょう。

これ、実際にボールが近づいてこないと分からないので、慣れるまではかなり難易度が高いです。

ボールをよく見る癖が付きますし、どちらにでも打てる態勢で入っていく必要があるので非常に実戦的なフォームが自然と身に付きます。

チャンスボールも、最後はコースを隠してしっかり決めていきましょう!

 

■この練習の最大の利点は、「答え合わせ」が出来ること

ボール拾いをするときに、答え合わせが出来るのもこの練習の魅力です。

実際にストレートへ打ったボールの何%が正解で、誤ったコースに打っているのが何%なのか。

しっかりとデータで確認できますので、成長しているかどうかも数値で把握できる。

この練習を数値で可視化することは、テニスの成長において非常に重要です。

みんなで緊張感を持って、ゲーム感覚で楽しめる練習ですので、ぜひ試してみて下さい。

テニスの練習は工夫次第。

人数が多くても、しっかり意識を高く目的意識を持って練習すれば、必ず効果は出ます。

逆に人数が少なくコート面数も豊富な部活ほど、ダラダラと無意識なラリーのみ続けていること、ありませんか?

今あるモノ、環境で、必ず良い練習は創れます!

ぜひ実践を意識して、今回の練習も部活やチームでトライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?

    「何のためにテニスしてるんですか?」そんな質問をある人から受け…

  2. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切

    暑いこの時期、練習、試合と皆頑張って動きまくっていると、大量の汗をかい…

  3. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いにな…

    テニスの試合は、草トー大会から市民大会、腕に覚えがある人は国体予選や全…

  4. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  5. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  6. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです

    いろんなショットを身に付けたら、それを試合の中で上手く使い分けていきた…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要
  2. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?
  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる
  5. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い
PAGE TOP