テニス ダブルス

ダブルス

テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる人は、勝ち切れない!

ダブルスの試合では、ネットに4人がついて4アップと呼ばれる陣形になるケースも多く、ボレーのスキルが問われる展開になることが多い。

ボレーは打つ技術も大事ですが、いかに良いポジションで打てるか、構え直しが速いか、なども重要な要素になります。

練習でしっかり「動きのあるダブルス」を身に付けていないと、いざ試合で大事な場面のときにどうなるか・・・。

経験したことがある方なら分かると思いますが、実際「動けなく」なってしまうのです。

 

テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる人は、勝ち切れない!

 

■ボレーボレーは必死になればなるほど、足が止まってしまう?

ボレー対ボレーの打ち合いになると、皆さんどんなことが起きますか?

しっかり返球しつつ、浮いたボールは決めたい!と思っていても、ネットとの距離を縮めていく、パートナーとの距離感を調整が出来る人は少ない。

ボールだけを見て、返球のみに必死になってしまうケースが多く見受けられます。

実力で勝っていて相手が先にミスをしてくれるレベルではこれでもOKですが、格上ペアを倒すにはもっとプレッシャーをかけないと勝つのは難しい。

ボレー戦の中でも、積極的に足を動かして攻撃していく姿勢が大事です

 

■ボールを打った方向に詰める、のがまず基本

自分が打ったボールの方向に詰める、これはネットプレーの基本です。

当然、次はその方向からボールが飛んでくる訳ですから、しっかり詰めておけばそれだけ攻撃的なプレーが出来ます。

ボールを打った後に、どういう動きができるのか・・・を考えると、ボレー同士の戦いになったときも、スピードに頼ることがいかに恐ろしいか分かると思います。

カウンターを喰らいやすい人は、そもそも自分のボールスピードについていけていないのです。

ゆっくりしたボールのボレーも混ぜながら、打った方向にポジションを詰めてプレッシャーをかけてみることをお勧めします。

 

■ダブルスの鉄則、センターをしっかりケアして守るペアは強い

自分が打ったボールが相手のチャンスになる、または攻撃されそうになったときに、まずはセンターをケアしておくことが大事。

ダブルスは2人の間が弱点であり、相手も狙いやすいのです。

コートの両サイド、アレーに入ったようなナイスショットは捨てることも大事。

センターを抜かれさえしなければ、両サイドで決められ分には怖くありません。

両サイドのボールは、一旦自分の目の前を通過していくボールが多いので触れることも多い。

とにかくボレーした後に、自分がパートナーと距離が離れ過ぎていないか、意識するだけでもきっと違います。

ボールを打っていないペアの動きも、とても重要なのです。

 

ボレーは打った後、どんな動きをするのかが大事。

ストローク以上に、そこで出る差がポイントの有無に直接つながっていくのが怖いところ。

しっかり、自分が打った後にポジションを意識できているか、ペアで穴が無いような陣形になっているかを確認してみましょう。

まずは、2対2のボレーボレーのラリーの中で、ポジションを動いて練習してみましょう。

上手くポジションをペアで調整できるようになると、ダブルスは楽しいし勝てるようになります。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう

    ダブルスの試合をする時、明らかにレベル差がある場合って弱い方を狙うのは…

  2. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK

    ダブルスで活躍出来る、前衛の考え方。自分から動いて、ボールを触…

  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について

    男子ダブルス、またはミックスダブルスで、こういう試合は必ずあります。…

  6. ダブルス

    ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない

    読者のみなさんからのお悩み相談で、多いのがコレ。男性の方から、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選
  2. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく
  3. テニス ダブルス

    水分補給

    「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう
  5. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない
PAGE TOP