ストローク

テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい

スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?

打つのは出来るけど、相手から打たれると・・・辛い!

という方、多いんじゃないでしょうか。

今回、なぜスライスショットが「返球し辛い」と感じてしまうのか、について考えてみましょう。

 

テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい

 

■スライスが厄介なのは、この2点

まず、厄介なのが「遅い」ということ。

ボールが自分のところまで飛んでくるのに時間がかかり、じらされるような感覚、ありませんか?

速いボールならタイミングを合わせて返球しやすいのに、スライスってジワジワ飛んできて集中力が続かない。

もう一つは、低く滑ってバウンドしない、ということ。

初中級の方までは、このバウンドに合わせること自体がなかなか難しいでしょう。

まずはしっかり、スライスの返球においてはこのポイントを克服していかないといけません。

 

■しっかり先回りして、引き付ける意識を持とう!

ボールをしっかり引き付ける、ことが出来るとスライスは怖くありません。

先回りして打点に入ること、それが出来れば相手をしっかり見る余裕も出来ます。

アプローチでネットを取られそうになっても、この先回りが出来ていれば相手もパッシングなのかロブなのか、分からない。

迷いが生じるから、ネットに出る出足が鈍ってくるのです。

 

■低く滑って来るスライスには、スライスでの対応を覚えよう

低く滑るバウンド、これは本当に厄介です。

私からの提案は、この機会にスライスをしっかり覚えて、スライスはスライスで返球出来るようにしたいということ。

スピン系で低い態勢から返球、出来るときもありますが、特にベテランの方や膝に不安がある方は厳しい。

スライスを返球するためのスライス、は実はそんなに難しくありません。

スピン系のショットをスライスで返球しようとして挫折した人、でもチャレンジして欲しい。

一度スライスでゆっくりしたラリー、から練習してみて下さい。

意外と低い打点でも、打ちやすいはずです。

 

スライスに苦手意識があると、相手に気付かれます。

私も試合の序盤では、まず相手が「スライスに対応出来る相手かどうか」のチェックから入る。

いつの間にか、アナタ自身相手からこう思われているかも・・・。

「スライス打っておけば、勝手にミスしてくれるな」なんて。

これでは悔しいので、しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

    相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?もち…

  3. ストローク

    「取らせるロブ」を身に付けることでネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  5. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴

    スライスショットは絶対に必要である。「別にスライスで繋ぎまくって粘…

  6. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

    フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  3. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  5. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
PAGE TOP