ストローク

テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい

スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?

打つのは出来るけど、相手から打たれると・・・辛い!

という方、多いんじゃないでしょうか。

今回、なぜスライスショットが「返球し辛い」と感じてしまうのか、について考えてみましょう。

 

テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい

 


 

■スライスが厄介なのは、この2点

まず、厄介なのが「遅い」ということ。

ボールが自分のところまで飛んでくるのに時間がかかり、じらされるような感覚、ありませんか?

速いボールならタイミングを合わせて返球しやすいのに、スライスってジワジワ飛んできて集中力が続かない。

もう一つは、低く滑ってバウンドしない、ということ。

初中級の方までは、このバウンドに合わせること自体がなかなか難しいでしょう。

まずはしっかり、スライスの返球においてはこのポイントを克服していかないといけません。

 

■しっかり先回りして、引き付ける意識を持とう!

ボールをしっかり引き付ける、ことが出来るとスライスは怖くありません。

先回りして打点に入ること、それが出来れば相手をしっかり見る余裕も出来ます。

アプローチでネットを取られそうになっても、この先回りが出来ていれば相手もパッシングなのかロブなのか、分からない。

迷いが生じるから、ネットに出る出足が鈍ってくるのです。

 

■低く滑って来るスライスには、スライスでの対応を覚えよう

低く滑るバウンド、これは本当に厄介です。

私からの提案は、この機会にスライスをしっかり覚えて、スライスはスライスで返球出来るようにしたいということ。

スピン系で低い態勢から返球、出来るときもありますが、特にベテランの方や膝に不安がある方は厳しい。

スライスを返球するためのスライス、は実はそんなに難しくありません。

スピン系のショットをスライスで返球しようとして挫折した人、でもチャレンジして欲しい。

一度スライスでゆっくりしたラリー、から練習してみて下さい。

意外と低い打点でも、打ちやすいはずです。

 

スライスに苦手意識があると、相手に気付かれます。

私も試合の序盤では、まず相手が「スライスに対応出来る相手かどうか」のチェックから入る。

いつの間にか、アナタ自身相手からこう思われているかも・・・。

「スライス打っておけば、勝手にミスしてくれるな」なんて。

これでは悔しいので、しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

    テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。スピンがし…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テニスの攻撃の幅が拡が…

    浅いボールをどんどん攻撃していきたいけど、テニスというスポーツはネット…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ

    両手打ちバックハンドストローク、どこか「合わせるだけ」になってはいませ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

  5. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

    スポーツは、基本に始まり基本に終わる。常に意識はしていても、ス…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう
  2. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」ネットへのダッシュが求められるスポーツ
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる
  5. テニス メンタル

    その他

    今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
PAGE TOP