スマッシュ

スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。

高いボールが落ちて来るのに恐怖を感じる、後ろに動くのが苦手・・・など。

ですが、サーブに近い動作と考えて発想を変えると、実はスマッシュは楽。

自分でプレッシャーをかけ過ぎているのは、もったいないことです。

 

スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

 


 

■スマッシュはまず、コートの中に入ればOK

サーブと異なり、スマッシュはコートの中に入ればOK。

しかも相手のレベルによっては、「スマッシュを打たれて、入って来る」だけでかなりプレッシャーになる。

まずはスマッシュは、サーブよりも入ってOKのエリアが広いし、入るだけでプレッシャーになるショットであることを、自覚しましょう。

もちろん、上のレベルになればそれだけだと辛い。

ですが、サーブよりも全然楽に打って良い!と考えると、少しだけ楽になりませんか?

 

■フィニッシュショットにする必要は、無い

厳しいロブを、スマッシュでエース・・・なんて、なかなかプロでも出来ない。

ロブをしっかり判断して、無理に決めにいこうとしないでまずはしっかりスマッシュを入れる。

その為には、サーブに近い動作で深く打つ、ネットしないことだけ意識しましょう。

深いロブでは、ゆっくり打ってハイボレーに近い形にしても良い。

自分で理想を高くして、苦しめていると結果的に試合で勝てません。

 

■スマッシュを打っていくこと、それ自体が大事!

ダブルスでもそうですが、スマッシュを打つこと、がまず大事。

スマッシュを避けているようでは、まず相手に対して優位に立てない。

ロブさえ上げていれば良いや・・・となってしまうと、相手は攻撃をしのぐのが楽になります。

スマッシュは絶対、難しくない。

難しくないからこそ、しっかり振り切ることが大事なのです。

 

サーブとの違い、それはインになるエリアの広さ。

しかも、サーブよりも自分の足で動いて打ちやすい場所を探して良いのがスマッシュ。

スマッシュに対して抵抗感を減らしていくには、アナタ自身が考えてイメージトレーニングしてみること。

そこに納得出来れば、どんどんスマッシュ打てるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  3. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  5. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  3. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと
  4. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場…
  5. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です
PAGE TOP