スマッシュ

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?

自信がある人、少ないんじゃないでしょうか・・・。

特に、しっかり「具体的な作戦」を準備出来ている人は、少ないはず。

そんなアナタに、ある作戦を紹介したいと思います。

 

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

 


 

■風が強い日は、自然とロブが増える

風が強い日は、自然とロブが増える。

それは、風が強いからスマッシュを打たせようという機会が増える・・・かと思いますが、理由は別にもある。

ロブを上げる側も、風が強い日にはストロークをまともに打てないからこそ、図らずしてロブを選択するケースもあるでしょう。

ボールが押し戻されて、浅くなって結果的にロブ・・・という光景も、よくありますよね。

結果的に、とにかく風が強い日にはロブのようなショット、が増えることは覚悟しておきましょう。

 

■でも風が強い日のロブのコントロール・・・難しい!

経験がある方も、多いでしょう。

特に難しいのは、風上からのロブ。

風に乗って、そのままアウトになりやすい。

上に高く上がれば上がるほど、風の影響を受けて相手コートにボールを落とすのが、本当に難しくなるのです。

そうなると、出来るだけ風上の相手には、ロブを打ってもらいたい。

打ってもらうことで、結果的に相手のミス、アウトが増える可能性が高くなる。

 

■相手がロブを上げたなるシチュエーション、をどんどん見せていこう!

相手がロブを上げたくなるような場面、どんなシチュエーションですか?

シンプルに、前にベタ詰めを実行しておけば・・・相手は上を狙いたくなりますよね。

前に詰めている相手、つまりアナタがプレッシャーをかけていれば、相手は必ずロブで逃げて来る。

それも、上に大きく打ちたい心理が働きますから、手元も狂うはず。

相手から逃げようとするロブは、怖くない、むしろミスにつながりやすいのです。

 

相手のミスを待っているようでは、まだまだ三流テニス。

相手にミスをさせて初めて、二流のテニスになる。

もちろん一流のテニス、を目指したいこところですが、まずはしっかり二流。

二流なりのテニス、は一流を凌駕することも十分ある。

そう、相手からミスを誘う二流のテニス、悪くないと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

    スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

    スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

  4. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習になっているから

    皆さん、練習の中でスマッシュ練習、どの程度時間を割けていますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    「センス」という言葉に逃げる人が、私は大嫌いです
  2. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょ…
  3. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね
  4. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?
PAGE TOP