スマッシュ

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?

自信がある人、少ないんじゃないでしょうか・・・。

特に、しっかり「具体的な作戦」を準備出来ている人は、少ないはず。

そんなアナタに、ある作戦を紹介したいと思います。

 

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

 


 

■風が強い日は、自然とロブが増える

風が強い日は、自然とロブが増える。

それは、風が強いからスマッシュを打たせようという機会が増える・・・かと思いますが、理由は別にもある。

ロブを上げる側も、風が強い日にはストロークをまともに打てないからこそ、図らずしてロブを選択するケースもあるでしょう。

ボールが押し戻されて、浅くなって結果的にロブ・・・という光景も、よくありますよね。

結果的に、とにかく風が強い日にはロブのようなショット、が増えることは覚悟しておきましょう。

 

■でも風が強い日のロブのコントロール・・・難しい!

経験がある方も、多いでしょう。

特に難しいのは、風上からのロブ。

風に乗って、そのままアウトになりやすい。

上に高く上がれば上がるほど、風の影響を受けて相手コートにボールを落とすのが、本当に難しくなるのです。

そうなると、出来るだけ風上の相手には、ロブを打ってもらいたい。

打ってもらうことで、結果的に相手のミス、アウトが増える可能性が高くなる。

 

■相手がロブを上げたなるシチュエーション、をどんどん見せていこう!

相手がロブを上げたくなるような場面、どんなシチュエーションですか?

シンプルに、前にベタ詰めを実行しておけば・・・相手は上を狙いたくなりますよね。

前に詰めている相手、つまりアナタがプレッシャーをかけていれば、相手は必ずロブで逃げて来る。

それも、上に大きく打ちたい心理が働きますから、手元も狂うはず。

相手から逃げようとするロブは、怖くない、むしろミスにつながりやすいのです。

 

相手のミスを待っているようでは、まだまだ三流テニス。

相手にミスをさせて初めて、二流のテニスになる。

もちろん一流のテニス、を目指したいこところですが、まずはしっかり二流。

二流なりのテニス、は一流を凌駕することも十分ある。

そう、相手からミスを誘う二流のテニス、悪くないと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの決定力を、劇的に変えるためには?

    スマッシュを打って、ポイントが決まらない。この一発で、流れが大…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  3. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!

    スマッシュミスで多いケース、はこのケースでしょう。打点が近く、…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い

    スマッシュをバシッと決めると、試合でも乗っていける。逆に、ミス…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

    レベルが高い試合になれば、増えてくるのは下がりながらのスマッシュ。…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

特集記事

  1. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない
  5. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に
PAGE TOP