テニス ラグビー

その他

帝京大学ラグビー部に学ぶ、「体育会の負の部分を取り去る勇気」はテニス部にもとても参考になります

今年、前人未到の大学選手権7連覇を成し遂げた帝京大学。

そのチームの強さの秘密は、どこにあるのでしょうか?

体育会、しかもラグビー、と聞くとイメージするのは古き伝統、寮生活で閉ざされた世界・・・。

実際には、その真逆の世界が帝京大学ラグビー部にはありました。

その秘密、実はテニス部にもとても参考になる要素が詰まっているように思います。

帝京大学ラグビー部に学ぶ、「体育会の負の部分を取り去る勇気」はテニス部にもとても参考になります

 


 

■なぜ、この学校のこのチームに入りたいのか?

いきなり誤解を恐れず言うなれば、帝京大学はブランドで勝負できない大学かも知れません。

新入生を勧誘するにしても、有名私学の大学と勝負になったときにどう勝つか、相手に選んでもらえるか。

テニスの世界でもそうですが、自分の先輩から「良い大学、チームに入った!」という声が進路を決める上では重要な要素になるケースが多い。

だからこそ、帝京大学がいかに良いチームで、毎年良い選手がチームのコンセプトを理解した上で入ってきているかが分かる。

良いチームには理念があり、その理念の元に行動指針が決まっている。

監督や生徒も主体的に一つの軸に沿って決断できる、そんなチームが試合では勝ち進んでいくのです。

 

■勇気をもって伝統と慣習を壊すことの重要さ

帝京大学ラグビー部では、雑用は上級生の仕事。

通常は下級生、特に一年生が主に掃除やコート整備、先輩の雑用などが当たり前のように仕事として用意されている。

でも良く考えれば、一年生は入ってきたばかりで環境も変わり、ストレスも多い。

それを少しでも軽減して活躍してもらいたい、ラグビーに集中してもらいたいという考えが、こういった慣習を変えるという変化の礎になっているとのこと。

あくまで、実益重視、試合で勝つ為に何が必要かを考えたときの結論なんだと思います。

こういった変化を受け入れ、最初に雑用を買って出る上級生に、アナタはなれますか?

 

■「こんな上級生になりたい!」と思えないような部活は、雰囲気も悪くなる

アナタがもし1年生、または2年生だとして、今の3年生のようになりたい、と思えてますか?

思えているという方は、きっと良い部活で恵まれている。

思えないという方は、どこか不満を持っていてテニスに集中できていないかも知れません。

下級生が元気で、上級生に積極的にコミュニケ―ションを取れているチームは、強いし結果も出る。

そこを阻害しているものが何があるのか、考えてみるのも良いかも知れません。

 

良い部活には、何かが共通している。

それは種目を超えて、非常に参考になる部分が多い。

もし、この記事を読んでいるアナタが少しでも「今よりもっと、良いテニス部にしたい」と考えているのであれば、ぜひ色々と貪欲に学んで欲しい。

前回の青山学院大学陸上部の記事も、ぜひ読んでもらえればと思います!

まずは考えて、そして小さいことからでも行動してみること。

その小さな一歩には、きっと仲間がついてきてくれるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい目標設定の方法

    一年の計は新春にあり。皆さんもそれぞれ、テニスの目標を立てて今…

  2. テニス 疲れ
  3. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない

    今回は、私の経験則で。なかなかテニスが上手くならない、なった気…

  4. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

    意外と、無意識のうちに「出来なくても、まぁ良いか」となってしまっていま…

  5. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

    関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一…

  6. テニス メンタル

    その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

    巨大な地震と津波が日本列島を襲った時。都内でも震度5を記録。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時
  2. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない
  3. テニス 観察眼

    メンタル

    平凡なことを続けていれば、それは非凡になる
  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう
PAGE TOP