テニス アクセス

その他

2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開します

いつも、T-PRESSをご覧頂きまして、ありがとう御座います。

おかげさまで、記事数も2,000記事を超え、少しずつ読者の皆さんも増えてきて嬉しく思います。

今回は、少し趣向を変えて、今年2016年にてアクセス数が多かった記事をまとめてみました。

以前に読んで頂いた記事もたくさんあるかと思いますが、思い出しながら見てもらえればと・・・!

 

2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開します

 

・第1位

関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

試合に出ている方が多いからか、この記事が一番たくさんの方に読んで頂いているようです。

関東以外の情報も、今後掲載出来るように頑張っていきます!

 

・第2位

「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

ストロークに関する記事は毎回人気が高いのですが、ヘッドが走るという言葉が非常に好評でした。

やはりストロークは切れ味、が欲しいですよね。

 

・第3位

「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

格下、格上・・・という言葉は、賛否両論ありますが、私はあえて使っています。

テニスは実力差があっても、それを覆すチャンスがあるスポーツですからね。

 

・第4位

テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント

深いストロークの重要性は、他の記事でも何度か書いてきました。

ポイントさえ絞れば、きっとアナタ自身のストロークはまだまだ深くなります。

 

・第5位

「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由

テイクバックはコンパクトに、準備を早く・・・というのは、私の大きなテーマです。

この大前提は、これからも何度も言葉を変えながら更新させて頂きたいと思っています。

 

・第6位

「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

壁打ち・・・意外と皆さん、頑張ってるんでよね。

Twitterのメッセージでもたくさんご意見を頂きました、私も壁打ち、大好きです。

 

・第7位

「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

ストロークでもボレーでも、テニスには軸足が存在する。

この軸足を意識するだけで、結構テニスは変わっていくものなのです。

 

・第8位

テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

フォアハンドストロークって、最初は簡単なようで・・・奥が深い。

フォアハンドに悩み始めたら、立派な成長の証です。

 

・第9位

備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ

雨の日に試合、実はテニスでも多いですよね。

オムニコートは別名「全天候型」のテニスコート、ですからしっかり対策をしていきましょう!

 

・第10位

テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

ライジングショット、皆さんの中で絶対に覚えて欲しいショットなんです。

学生の方、ご年配の方に関わらず、現代テニスには欠かせないショットの一つです。

 

 

いかがでしたでしょうか・・・?

まだまだ私自身、力不足で皆さんの期待に応えきれていないことばかり。

皆さんがテニスを頑張っているように、私ももっとテニスを頑張って試合に出ます。

これからも賛否両論、なご意見やご感想などお待ちしています。

寒くなってきましたが、怪我に気を付けながらテニス、頑張りましょうね。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. その他

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?複…

  2. その他

    テニス部の後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだと逆にかわいそうなことになる…

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

  4. テニス メンタル

    その他

    マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?

    先日、私の周りでこんな議論がありました。「マナーが良い選手は、…

  5. その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?

    先日「試合中に音楽がずっと頭の中に流れるのですが、それっていいことです…

  6. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・

    暑い毎日が続く。こういう時期はしっかりと水分補給しながら練習しない…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いの…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
  4. その他

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること…
  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
PAGE TOP