テニス ボレー

ボレー

ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。

それなのに、試合の中ではコート全てをカバーしたいという想いから、結果的に中途半端なポジショニングになってしまう方が、実に多い。

そんな中途半端な攻撃と守備を繰り返している人は、どこかで「思い切った動き」を入れていきたい。

必要なのは、後ろを捨てる勇気です。

 

ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

 


 

■足元へのボールが怖くて超攻撃的なネットプレーなんて、出来ない

ネットプレーで皆さん怖がっているのが、ストローク側に「沈められる」こと。

足元のボールはさばきにくいですし、実際相手のチャンスになりやすい。

だったら思い切って、前にハッキリと詰めてみませんか?

ネットを触れるくらい、前に。

ロブが怖い?そこは、捨てます。

ダブルスであれば後衛に任せて、思い切り前に詰めてみれば、新しい世界が拡がるはずです。

 

■ネットより低い軌道は、ネットが守ってくれる

アナタの大嫌いな足元のボール、ネットに詰めればそれだけで解消される。

足元のボールは、ネットが防いでくれる訳ですから、心配いりませんね。

超攻撃的なこのプレー、実際に後ろを捨てる勇気さえあれば誰にでも実践出来る。

前に詰め過ぎ!と怒られるからやらない、なんてもったいないですよ。

ハッキリと意図のある作戦であれば、何をやってもテニスではOKなんです。

 

■思い切った動きは、何かを気付かせてくれる

アナタ自身、こういった思い切った作戦は、新しい何かを気付かせてくれる。

私もこのネットにベタ詰めを覚えてから、アングルボレーが本当に上達しました。

逆に言えば、ネットに詰めた状態じゃないと本物のアングルボレーは打てない、ことにも気付きました。

教えられるのではなく、自分から新しい世界を経験して知る、必要性を感じる。

当たり前ですが、テニスではこの考え方が大事です。

 

いつかやってみよう、ではなく今日、明日にやってみる。

思い切った練習は、その日にやってしまうのが一番です。

私がここに書いたコツ、意外にも新しい発見がアナタ自身にあると思います。

それこそ、アナタの宝になる。

試合に勝てる選手になるのに一番の近道は、アナタ自身の宝探しです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

    ダブルスの前衛で、とにかく動いて後衛を助ける。私は何度も、これ…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ファーストボレーのアウトが多い」ときは、アンダースピンのかかり過ぎに注意

    サーブ&ボレーで、せっかく良い形でファーストボレーに入ってもアウトが多…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる

    テニスは技術とか体力、脚力なんかが要求されるスポーツなのだが、判断力も…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう
  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスのフォアハンドで身体が回り過ぎてしまう人は「ラケットを持たない手で止める」…
  4. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?
  5. テニス メンタル

    その他

    「2015年 インターハイ テニス団体戦」を観て感じた、団体戦に強いチームの特徴…
PAGE TOP