テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。

試合結果について自分の中で消化しきれずに、つい周りに愚痴っぽく話してしまうことは仕方無い。

ですが、それも最小限の信頼出来る人だけにしましょう。

気が付けば、無意識のうちに「負けたこと自慢」になってしまう方が多い気がします。

 

テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

 


 

■多くの人に話しているうちに、「負け」を正当化してはいないか?

私の周りでも、何人かこういう人はいます。

試合に負けたという話を聞いているうちに、段々と「悔しい」というオーラは消えていく。

言い訳を重ねていく、たくさんの人にシェアしていくことで、負けたことが正当化されているような雰囲気になっていく。

これでは、また同じことを繰り返します。

本来、試合に負けて悔しいときは人に会ったり、話したくはないもの。

本当の意味での悔しさが足りないからこそ、こうやって負けたことをどんどんシェアしていけるんだと思います。

 

■テニスの試合の勝敗は、選手なら全て自分で受け止めよう

勝敗は選手にとって日常茶飯事。

むしろ、優勝者以外は必ずどこかで1敗して会場を去る訳ですから、圧倒的に敗者の方が多い。

アナタ自身、目指しているのは「トーナメントを負けずに終わる」ことなはず。

だからこそ、しっかり「負け」を自分の中で受け止めて、次を向いていかないといけない。

周りにシェアしている時間なんて、ありません。

 

■「負けること」が悔しくない環境にいると、それが習慣になる

「負け癖が付いている」という声、よく聞きます。

その正体は一体何なのか・・・と考えると、こういった細かいシェアの会話にあるように思います。

「まぁ、相手強かったしね、仕方ないよね」

「そもそも、練習出来てないし、体調も悪かったよね」

恐らく話しかけられた相手は、こんな感じでしか受け答え出来ない。

本当は、「ただの実力不足でしょ」と思っても、言えないじゃないですか。

そんな雰囲気や会話ばかりの人からは、自分から距離を置くようにしましょう。

 

敗因の分析は、大事。

ですがそこには、必ず「数値や具体性」が大事。

そして繰り返さない、という強い意志。

何となく負けたことを周りに話していると、人は弱い生き物ですので「励まし」が欲しくなる。

その励ましは、まやかしです。

厳しいようですが、負けたことを明るく話すのは止めましょう。

そしてそんな人から長く話を聞くのも、この機会に止めましょうか。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない

    最近、改めて感じます。テニスが強くなりたいなら、裸にならないと…

  2. メンタル

    心の弱さが、ミスになるのがテニス

    テニスの試合で、ミスが多い。練習だと入るボールが、入らない。…

  3. メンタル

    即効!試合前に5分で出来る、メンタル整理術

    試合前に、毎回私がやっていること。今回は、すごくシンプルですが…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    苦しんだ人じゃないと、テニスは楽しめない

    緊張する試合、大会の連続。勝っていけば相手は強くなるし、テニス…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

    テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!そうです、…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人

    昨年、アンケートや問い合わせ、直接お会いした読者のみなさんの何名かか…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう
  2. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い
  4. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?
  5. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ
PAGE TOP