テニス メンタル

その他

テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。

試合結果について自分の中で消化しきれずに、つい周りに愚痴っぽく話してしまうことは仕方無い。

ですが、それも最小限の信頼出来る人だけにしましょう。

気が付けば、無意識のうちに「負けたこと自慢」になってしまう方が多い気がします。

 

テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

 

■多くの人に話しているうちに、「負け」を正当化してはいないか?

私の周りでも、何人かこういう人はいます。

試合に負けたという話を聞いているうちに、段々と「悔しい」というオーラは消えていく。

言い訳を重ねていく、たくさんの人にシェアしていくことで、負けたことが正当化されているような雰囲気になっていく。

これでは、また同じことを繰り返します。

本来、試合に負けて悔しいときは人に会ったり、話したくはないもの。

本当の意味での悔しさが足りないからこそ、こうやって負けたことをどんどんシェアしていけるんだと思います。

 

■テニスの試合の勝敗は、選手なら全て自分で受け止めよう

勝敗は選手にとって日常茶飯事。

むしろ、優勝者以外は必ずどこかで1敗して会場を去る訳ですから、圧倒的に敗者の方が多い。

アナタ自身、目指しているのは「トーナメントを負けずに終わる」ことなはず。

だからこそ、しっかり「負け」を自分の中で受け止めて、次を向いていかないといけない。

周りにシェアしている時間なんて、ありません。

 

■「負けること」が悔しくない環境にいると、それが習慣になる

「負け癖が付いている」という声、よく聞きます。

その正体は一体何なのか・・・と考えると、こういった細かいシェアの会話にあるように思います。

「まぁ、相手強かったしね、仕方ないよね」

「そもそも、練習出来てないし、体調も悪かったよね」

恐らく話しかけられた相手は、こんな感じでしか受け答え出来ない。

本当は、「ただの実力不足でしょ」と思っても、言えないじゃないですか。

そんな雰囲気や会話ばかりの人からは、自分から距離を置くようにしましょう。

 

敗因の分析は、大事。

ですがそこには、必ず「数値や具体性」が大事。

そして繰り返さない、という強い意志。

何となく負けたことを周りに話していると、人は弱い生き物ですので「励まし」が欲しくなる。

その励ましは、まやかしです。

厳しいようですが、負けたことを明るく話すのは止めましょう。

そしてそんな人から長く話を聞くのも、この機会に止めましょうか。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

    セルフジャッジについて、改めて私が感じること。それは、レベルや…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  4. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  5. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

  6. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

    毎日寒くなってきて、外でやる部活やサークルもちょっと億劫になってしまい…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について
  2. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない、弱い人は、「ボールに合わせてスウィングを調整…
  4. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?
  5. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返…
PAGE TOP