テニス ボレー

スマッシュ

スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。

アナタ自身はどうですか?

スマッシュやハイボレーが苦手であれば、試合の中で決定的な敗因になるかも知れません。

それくらい、試合に強い人は相手のココをチェックしている。

頭上=オーバーヘッドの技術は、敏感に感じ取れるようになりましょう!

 

スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

 


 

■例えば年配の選手は、どうしてもラケットが上がり辛い

年配の方やベテラン選手の方は、どうしても腕が上がり辛くなる。

これは人の身体の構造上、傾向は明らかです。

肩を痛めている人もそうですし、パッと見でまず予測するのは大事なこと。

試合で対戦する相手に対して、ウォーミングアップ時やファーストゲームで、出来れば1回は打たせてみるようにしましょう。

 

■グリップチェンジが怪しい、コンチネンタルグリップが握れない人

その中で、相手のグリップは必ず観察しておく。

ストロークと同じような厚い握りで、身体が正面を向いている選手のスマッシュ、ハイボレーは安定感が無い。

コンチネンタルグリップでしっかり薄い握りになっている人は、きっとスマッシュもハイボレーも得意。

あくまで傾向でしかありませんが、相手が打つときのグリップには要注目です。

ダブルスの前衛であれば、相手との距離も近いので見やすいですよね。

ボールだけ追っていても・・・情報は得られません。

 

■身長が低い人、太っている人は、要注意!

何となく、身長が低い人や太っている人は、上が弱いイメージありませんか?

これは大きな間違い、誤解です。

まず身長が低い人は、ロブを上げられ慣れている選手が多い。

充分に上、オーバーヘッドの対策は練ってきていると考えるのが自然です。

また、太っている人は体重がある分、下半身の土台がしっかりしているので縦にラケットを振る力が強い。

フットワークに難があっても、スマッシュは強烈な太っている選手、皆さんの周りにも多いと思います。

しっかり警戒して、入りましょう!

 

スマッシュやハイボレーを、何度も狙われる人は何かを変えないといけない。

グリップなのか、ポジショニングなのか、明確に自分に何かを変えることを課しましょう。

変えていくことで、最初は上手くいかないかも知れませんが、きっと未来は拓ける。

ストロークやミドルボレー、よりも試合で大事な場面で求められるショットは、間違いなくアナタの頭上のボール、です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

    ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返さ…

  3. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!

    スマッシュを「ハイ!」と言って、声を出して打つ。これって、ダブ…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

    何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改め…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

    スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?スピード?コントロー…

特集記事

  1. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント
  3. テニス ボレー

    テニススクール

    知っておいて損は無い、私が考える「良いテニススクールの選び方」について
  4. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  5. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得
PAGE TOP