テニス ボレー

スマッシュ

スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。

アナタ自身はどうですか?

スマッシュやハイボレーが苦手であれば、試合の中で決定的な敗因になるかも知れません。

それくらい、試合に強い人は相手のココをチェックしている。

頭上=オーバーヘッドの技術は、敏感に感じ取れるようになりましょう!

 

スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

 


 

■例えば年配の選手は、どうしてもラケットが上がり辛い

年配の方やベテラン選手の方は、どうしても腕が上がり辛くなる。

これは人の身体の構造上、傾向は明らかです。

肩を痛めている人もそうですし、パッと見でまず予測するのは大事なこと。

試合で対戦する相手に対して、ウォーミングアップ時やファーストゲームで、出来れば1回は打たせてみるようにしましょう。

 

■グリップチェンジが怪しい、コンチネンタルグリップが握れない人

その中で、相手のグリップは必ず観察しておく。

ストロークと同じような厚い握りで、身体が正面を向いている選手のスマッシュ、ハイボレーは安定感が無い。

コンチネンタルグリップでしっかり薄い握りになっている人は、きっとスマッシュもハイボレーも得意。

あくまで傾向でしかありませんが、相手が打つときのグリップには要注目です。

ダブルスの前衛であれば、相手との距離も近いので見やすいですよね。

ボールだけ追っていても・・・情報は得られません。

 

■身長が低い人、太っている人は、要注意!

何となく、身長が低い人や太っている人は、上が弱いイメージありませんか?

これは大きな間違い、誤解です。

まず身長が低い人は、ロブを上げられ慣れている選手が多い。

充分に上、オーバーヘッドの対策は練ってきていると考えるのが自然です。

また、太っている人は体重がある分、下半身の土台がしっかりしているので縦にラケットを振る力が強い。

フットワークに難があっても、スマッシュは強烈な太っている選手、皆さんの周りにも多いと思います。

しっかり警戒して、入りましょう!

 

スマッシュやハイボレーを、何度も狙われる人は何かを変えないといけない。

グリップなのか、ポジショニングなのか、明確に自分に何かを変えることを課しましょう。

変えていくことで、最初は上手くいかないかも知れませんが、きっと未来は拓ける。

ストロークやミドルボレー、よりも試合で大事な場面で求められるショットは、間違いなくアナタの頭上のボール、です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

    明らかにチャンス、なスマッシュの場面。こういうときって、逆に打…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを!

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  3. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  6. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス センス

    戦術

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  2. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべ…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  5. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう
PAGE TOP