テニス ボレー

スマッシュ

スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。

アナタ自身はどうですか?

スマッシュやハイボレーが苦手であれば、試合の中で決定的な敗因になるかも知れません。

それくらい、試合に強い人は相手のココをチェックしている。

頭上=オーバーヘッドの技術は、敏感に感じ取れるようになりましょう!

 

スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

 


 

■例えば年配の選手は、どうしてもラケットが上がり辛い

年配の方やベテラン選手の方は、どうしても腕が上がり辛くなる。

これは人の身体の構造上、傾向は明らかです。

肩を痛めている人もそうですし、パッと見でまず予測するのは大事なこと。

試合で対戦する相手に対して、ウォーミングアップ時やファーストゲームで、出来れば1回は打たせてみるようにしましょう。

 

■グリップチェンジが怪しい、コンチネンタルグリップが握れない人

その中で、相手のグリップは必ず観察しておく。

ストロークと同じような厚い握りで、身体が正面を向いている選手のスマッシュ、ハイボレーは安定感が無い。

コンチネンタルグリップでしっかり薄い握りになっている人は、きっとスマッシュもハイボレーも得意。

あくまで傾向でしかありませんが、相手が打つときのグリップには要注目です。

ダブルスの前衛であれば、相手との距離も近いので見やすいですよね。

ボールだけ追っていても・・・情報は得られません。

 

■身長が低い人、太っている人は、要注意!

何となく、身長が低い人や太っている人は、上が弱いイメージありませんか?

これは大きな間違い、誤解です。

まず身長が低い人は、ロブを上げられ慣れている選手が多い。

充分に上、オーバーヘッドの対策は練ってきていると考えるのが自然です。

また、太っている人は体重がある分、下半身の土台がしっかりしているので縦にラケットを振る力が強い。

フットワークに難があっても、スマッシュは強烈な太っている選手、皆さんの周りにも多いと思います。

しっかり警戒して、入りましょう!

 

スマッシュやハイボレーを、何度も狙われる人は何かを変えないといけない。

グリップなのか、ポジショニングなのか、明確に自分に何かを変えることを課しましょう。

変えていくことで、最初は上手くいかないかも知れませんが、きっと未来は拓ける。

ストロークやミドルボレー、よりも試合で大事な場面で求められるショットは、間違いなくアナタの頭上のボール、です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

    ダブルスの試合で、よくある光景。相手にロブを打たれて、前衛が打てな…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

特集記事

  1. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている
  2. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある
  4. 戦術

    人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない
  5. テニス知識

    寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
PAGE TOP