テニス ダブルス

ダブルス

相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

ミックスダブルス、ご夫婦やカップルで組んで出場している方も多いはず。

こういったペアを崩していくには、あるコツがあります。

ダブルスが強い相手でも、ミックスダブルスは少し特殊。

それがコートを離れれば仲の良いペア、であればあるほど・・・実はある作戦で崩しやすかったりもするのです。

 

相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

 


 

■夫婦やカップルは、女性が男性を頼るケースが多い

通常のミックスダブルスとの違いは、男女の信頼関係。

言い方を変えれば、女性が男性を頼っている割合が大きい、のが特徴だと思います。

男性もしっかり女性をサポートしたい、良い恰好を見せたいという気負いもあるので、カバーに走りまくる。

そうなると、2人の間を攻撃していく「センター」の概念が少し変わってくるのです。

 

■センター狙いは、6:4で女性寄りを狙うと効果的

ダブルスでセンター狙いは鉄則。

通常のダブルスであれば2人のポジションの真ん中、を狙うのが王道ですが、ミックスダブルスはちょっと異なる。

女性がハッキリ男性頼みになっているペアは、しっかり女性寄りの「センター」を狙いましょう。

そうすると、何が起きるのか。

女性は男性に任せて、男性は「さすがにそれは触ってくれよ・・・」という感じになる。

これが、さすがに7:3で女性寄りのセンターだと女性が触ってくる。

もちろんそこからチャンスを引き出すのもアリですが、有効な作戦としては「お見合い」をさせたいんですよね。

言われてみれば基本的なことだと思いますが、ミックスダブルスは基本が第一、です。

 

■ミックスダブルスの試合では、「お見合い」させれば勝てる!

どちらがボールに触るでもなく、お互いが任せてしまって反応出来ない、失点する。

これを色々なスポーツでは「お見合い」と呼んでいます。

一番ペアでやってはいけないミスであり、作戦の準備不足を露呈するこの場面。

いかにして、相手ミックスペアから引き出すかが腕の見せ所です。

そう、お見合いはシチュエーションを準備する。

女性寄りのセンター攻め、を行っていけば、そこは「どちらが触って良いのか、分からない場所」になる。

仲の良いペアほど、こういった作戦にはまってくれやすいのが特徴です。

 

ミックスダブルスの試合をするときには、相手がどういう関係性なのかを観察しましょう。

テニス仲間?夫婦?カップル?親子?

色々な可能性の中で探っていきながら、2人で困るような場所、お見合い出来るシチュエーションを探してみる。

まずは女性寄りのセンターの場所、意識して狙ってみて下さい。

リターンからチャンスはありますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

    ダブルスの試合で、浅いボールで攻撃されるこれは、特に上のレベル…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  4. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

    ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?ポーチを決めるこ…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
  2. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ
  3. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  4. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう
PAGE TOP