テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。

その予測には、根拠が必要。

たくさんの経験を積んでいくことが効果的ですが、しっかりした知識があれば、経験を多く積まなくても的確な予測は出来るのです。

今回は、ドロップボレーを見切る裏技、教えます!

 

テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

 

■まずは結論から・・・

ズバリ、「相手の足が打つ前、先に止まってるとき」です。

ドロップボレーは、打つ前に独特の間があり、先に足が止まって自由に考えるような時間=間が出来ると、人はドロップボレーを打ちたくなるのです。

ネットプレーは激しく動くプレーが特徴ですが、どこかでフッと「先回り出来た」ような場面、アナタもありますよね。

そんなときには、前に落としたくなったりしませんか?

ドロップボレーを打ちたくなる間、はテニスの試合の中で何度も存在するのです。

それに気付けないと、ただやられてばっかり・・・になりますよ。

 

■試合では、ドロップ好きな選手とそうでない選手、しかいない

実際の試合の現場では、この2パターンで考えて欲しい。

この選手は、そもそもドロップが好きなのか、どうなのか?

一度はやられてみても良いと思います。

あとは、チャンスボールであえて少し後ろで待っておいて、ドロップを誘ってみる。

そこで序盤に打ってくれば、間違いなく「好き」な選手と言えるでしょう。

警戒度を上げて、対応出来ますね。

 

■ドロップを拾ってのポイント奪取は、最高に流れを呼び寄せる!

イメージしてみて下さい。

相手のドロップボレーを、先読みして拾って反撃する、そのポイントを奪う。

最高にテニスの試合の流れが動く、瞬間です。

その流れは、作戦の準備と観察眼だけで必ず持って来れる。

自分自身で、流れを呼び込んでいかないとテニスの試合では勝てない。

ましてや格上相手なんて、無理な話なのです。

 

上手い選手でも、必ず癖はある。

今回紹介したドロップボレーを先読みする裏技も、大げさに書きましたが「癖」を読むということ。

もちろん、これに当てはまらない選手もいます。

ですがそういった選手も、必ず別な癖はある。

「読めた!」と思ったら、思い切ってダッシュしていきましょう!

ドロップボレーのように変化を付けるショットは、その人の個性が出やすいのがテニス。

しっかり観察して、アナタ自身観察の経験値を積んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

    ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。相手のリターン、…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる

    テニスは技術とか体力、脚力なんかが要求されるスポーツなのだが、判断力も…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

    相手から足元を狙われる、ネットプレーではよくありますよね。そん…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  5. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。…

特集記事

  1. その他

    もしこの記事を読んでいるアナタが一年生なら、「上級生について行けば良い」という考…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  3. テニス 準備

    ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」は、メンタルだけでは無理!
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ
PAGE TOP