テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。

その予測には、根拠が必要。

たくさんの経験を積んでいくことが効果的ですが、しっかりした知識があれば、経験を多く積まなくても的確な予測は出来るのです。

今回は、ドロップボレーを見切る裏技、教えます!

 

テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

 

■まずは結論から・・・

ズバリ、「相手の足が打つ前、先に止まってるとき」です。

ドロップボレーは、打つ前に独特の間があり、先に足が止まって自由に考えるような時間=間が出来ると、人はドロップボレーを打ちたくなるのです。

ネットプレーは激しく動くプレーが特徴ですが、どこかでフッと「先回り出来た」ような場面、アナタもありますよね。

そんなときには、前に落としたくなったりしませんか?

ドロップボレーを打ちたくなる間、はテニスの試合の中で何度も存在するのです。

それに気付けないと、ただやられてばっかり・・・になりますよ。

 

■試合では、ドロップ好きな選手とそうでない選手、しかいない

実際の試合の現場では、この2パターンで考えて欲しい。

この選手は、そもそもドロップが好きなのか、どうなのか?

一度はやられてみても良いと思います。

あとは、チャンスボールであえて少し後ろで待っておいて、ドロップを誘ってみる。

そこで序盤に打ってくれば、間違いなく「好き」な選手と言えるでしょう。

警戒度を上げて、対応出来ますね。

 

■ドロップを拾ってのポイント奪取は、最高に流れを呼び寄せる!

イメージしてみて下さい。

相手のドロップボレーを、先読みして拾って反撃する、そのポイントを奪う。

最高にテニスの試合の流れが動く、瞬間です。

その流れは、作戦の準備と観察眼だけで必ず持って来れる。

自分自身で、流れを呼び込んでいかないとテニスの試合では勝てない。

ましてや格上相手なんて、無理な話なのです。

 

上手い選手でも、必ず癖はある。

今回紹介したドロップボレーを先読みする裏技も、大げさに書きましたが「癖」を読むということ。

もちろん、これに当てはまらない選手もいます。

ですがそういった選手も、必ず別な癖はある。

「読めた!」と思ったら、思い切ってダッシュしていきましょう!

ドロップボレーのように変化を付けるショットは、その人の個性が出やすいのがテニス。

しっかり観察して、アナタ自身観察の経験値を積んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  2. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーすることが大事です

    ネットプレー、ボレーでなかなかイメージ通りのプレーが出来ない人は、もし…

  3. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な使い方とは?

    実際にテニスの試合の現場で求められるボレー、ってどんなイメージでしょう…

  6. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミン…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて
  4. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?
PAGE TOP