戦術

テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。

ゲームを作って試合を進め、自分のペースで相手を動かしていくには日ごろの練習からの意識が大事。

打ちたいところに打てる技術があれば良い?

そう思っていると、試合の現場で使えませんよ。

 

テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

 


 

1.第二、第三の候補を常に用意

アナタが普段、練習しているときには何を意識していますか?

1対1のラリー練習で、ただ相手を観て打っているだけ・・・では、展開力も何も無い。

例えばストレートでラリーをしながらも、「いつでもクロスに展開出来る」「いつでも前にドロップで落とせる」ようなフォーム、で入っていく。

その結果、ストレートへ長いストロークを打つ、という形を「自分で選んでいる」という意識を持ちましょう。

第二、第三の候補を常に考えて忍ばせておく、ことが大事です。

 

2.相手のポジションを把握する

意外と分かっているようで、分かっていないのがこれ。

相手の立っている位置、を左右前後、正確に把握出来ていますか?

ほとんどの選手が、相手を観る機会、観察する意識が少な過ぎます。

自分が良いボールを打てば効く、のではなく、相手のポジションに応じてショットを選択していくから有効な展開力が身に付くのです。

 

3.スライスショットを多く使う

練習からの意識改革で、必要なのはこれです。

学生の皆さんの練習を観ていても、フォアハンド、バックハンド共に打っている球種がほぼ1つに限られている。

スライスは守備のときだけ・・・みたいな選手、とても多いのが気になります。

意図的にスライスも混ぜることで前後にコートを使えますし、横回転のスライスショットを使えば相手をコートから追い出すことも出来る。

もっと練習中から、展開力のアップを目指してスライスを入れていきましょう。

 

4.チャンスを「拡げ続ける」ことでポイントを獲れる

チャンスを作って決める、というのがテニスの試合。

だと思っていると、決めるポイントでミスしてしまいがち。

あくまで一度チャンスを作ったら、それを拡げていく意識が大事であり、展開力です。

大きく変わったこと、する必要はありません。

チャンスを拡げていった結果が、ポイントにつながる。

それは相手のミスかも知れないし、アナタのウィナーかも知れませんが・・・あくまで結果的に、です。

 

展開力と聞くと、他スポーツのように斬新なアイデアで相手の隙を突いていくイメージかも知れません。

ですが、テニスにとってはいたってシンプルな考えでOK。

相手に応じて、自分が攻撃していけるパターンとその根拠を増やすこと。

試合で使える力は、普段の単純練習にいかに自分で負荷をかけるか、です。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い

    テニスの試合、強い人ってどんな感じでしょう。実力以上に、強気で…

  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!

    試合では、攻撃しているつもりでも「はめられている」ケースも多い。…

  4. 戦術

    「ゆったりしたテニス」を受け入れて、得意になれば勝てる

    練習ではすごく上手いのに、試合で弱い人。それって、こういう方が…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う

    テニス選手として、自分のテニスを考えるとき。みなさんは、「自分…

  6. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり

    綺麗なテニスなのに、試合に勝てない人。みなさんの周りにも、いま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術…
  2. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
  5. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル
PAGE TOP