その他

テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。

ゲームを作って試合を進め、自分のペースで相手を動かしていくには日ごろの練習からの意識が大事。

打ちたいところに打てる技術があれば良い?

そう思っていると、試合の現場で使えませんよ。

 

テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

 

1.第二、第三の候補を常に用意

アナタが普段、練習しているときには何を意識していますか?

1対1のラリー練習で、ただ相手を観て打っているだけ・・・では、展開力も何も無い。

例えばストレートでラリーをしながらも、「いつでもクロスに展開出来る」「いつでも前にドロップで落とせる」ようなフォーム、で入っていく。

その結果、ストレートへ長いストロークを打つ、という形を「自分で選んでいる」という意識を持ちましょう。

第二、第三の候補を常に考えて忍ばせておく、ことが大事です。

 

2.相手のポジションを把握する

意外と分かっているようで、分かっていないのがこれ。

相手の立っている位置、を左右前後、正確に把握出来ていますか?

ほとんどの選手が、相手を観る機会、観察する意識が少な過ぎます。

自分が良いボールを打てば効く、のではなく、相手のポジションに応じてショットを選択していくから有効な展開力が身に付くのです。

 

3.スライスショットを多く使う

練習からの意識改革で、必要なのはこれです。

学生の皆さんの練習を観ていても、フォアハンド、バックハンド共に打っている球種がほぼ1つに限られている。

スライスは守備のときだけ・・・みたいな選手、とても多いのが気になります。

意図的にスライスも混ぜることで前後にコートを使えますし、横回転のスライスショットを使えば相手をコートから追い出すことも出来る。

もっと練習中から、展開力のアップを目指してスライスを入れていきましょう。

 

4.チャンスを「拡げ続ける」ことでポイントを獲れる

チャンスを作って決める、というのがテニスの試合。

だと思っていると、決めるポイントでミスしてしまいがち。

あくまで一度チャンスを作ったら、それを拡げていく意識が大事であり、展開力です。

大きく変わったこと、する必要はありません。

チャンスを拡げていった結果が、ポイントにつながる。

それは相手のミスかも知れないし、アナタのウィナーかも知れませんが・・・あくまで結果的に、です。

 

展開力と聞くと、他スポーツのように斬新なアイデアで相手の隙を突いていくイメージかも知れません。

ですが、テニスにとってはいたってシンプルな考えでOK。

相手に応じて、自分が攻撃していけるパターンとその根拠を増やすこと。

試合で使える力は、普段の単純練習にいかに自分で負荷をかけるか、です。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

    皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?通常テ…

  2. テニス 気付き

    その他

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ

    もうすぐ夏休み、部活の練習時間も長くなってくる。そんなときに重…

  3. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  4. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練習しよう

    皆さんは利き腕、どちらか聞かれればすぐに答えることができますよね。…

  5. テニス ルール

    その他

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  6. その他

    一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立ち止まってみる

    普段一緒にテニスを練習している仲間は、アナタから見て上達できていますか…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく
  3. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  4. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピード…
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
PAGE TOP