テニス メンタル

その他

テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

今回は少し、重たいお話を。

いつも重たいと感じている方は、すみません・・・。

テニスやスポーツ界では、「肩書き」の要素がすごく強い。

過去の実績、今所属している学校やチーム、の印象って、その選手を大きくも小さくも見せてくれる。

ですがその肩書きが無くなったときに、アナタはどんな「テニス選手」でいられるでしょうか?

 

テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

 


 

■学校や地元を背負う、ことは大事だけど・・・

部活で頑張る人、サークルで頑張る人、あくまで個人で練習して頑張る人・・・。

テニスには、色々は選手が様々な環境で頑張っています。

ウォームアップウェアには、学校名が背中に大きくプリントされていますよね。

あれも立派な、肩書き。

ですが、それにある意味甘えたり縛られたり、レッテルを張られたりする選手が多いのも、テニス界の特徴。

何となく初めて対戦する相手でも、学校名を観て「こんな選手かな・・・」というイメージを沸かせますよね。

でもそれって、個性を失ってしまう要因にもなる、と私は考えてしまいます。

 

■実績や所属がある前に、アナタ自身の個性がある

所属や実績は、あくまでアナタのテニスに後付けで出来たもの。

テニスをやっているアナタの個性、はどこにあるのでしょうか?

○○高校、サークル○○、という肩書きが外れたときに、アナタは自分をどんなテニス選手だと説明出来ますか?

そこに、アナタらしいテニスのルーツがある。

少し、時間を取って考えてみて欲しい。

アナタ自身がテニスを始めたきっかけや動機、やりたいと思っているテニスプレー像に、アナタらしさが隠されているはずです。

 

■人と違うことは、悪いことでも何でも無い

日本人が肩書きが大好きなのは、どこかで「人と同じ」ことに価値を見出しているから。

自分の説明も、しやすいですしね。

みんなでお揃いのウェアを着て安心するのも、実に日本人らしい。

私自身、そういう安心感やチーム精神はすごく大切にしたいと思っていますが、度が過ぎると甘えになる。

アナタ自身を縛ってしまう縄になり、檻になってしまう可能性もある。

言い方は悪いですが、ただ仲間で群れて傷を舐め合うようなテニス仲間、になっては欲しくない。

人と違う部分、アナタ自身のテニスのルーツや個性の部分は、大事にしていって下さい。

 

取り留めの無い文章になってしまいましたが、実は最近私自身が考えています。

自分がテニスを始めたきっかけ、その動機となぜここまでのめり込んで来れたのか。

きっと、何か理由があるはずなんですよね。

その部分を考えてみると、自分のテニスに1本線が通る。

肩書き無し、のテニス選手にたまになってみましょう。

きっと新しい強さ、が身に付いていくはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス リターン

    その他

    なぜ、世界のテニス界のトップ選手は負け始めたのか?を考えてみる

    最近のテニス界には、大きなうねりのような渦、が起きている。ジョ…

  2. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にしたい

    学生の方でも、社会人の方でも、テニススクールに通っている方は少なくない…

  3. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

    ダブルスの試合を観ていると、感じること。それは強い人、ペアを引…

  4. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です

    テニスを上達させたい、上手くなりたい。そう思っている人が、たく…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  6. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

特集記事

  1. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込める…
  2. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、…
  4. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども
  5. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?
PAGE TOP