サーブ

試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。

特に攻撃的に前に踏み込んでくるリターナー、に対してはしっかり身体の正面で慌てさせたい。

そのときに、意識することは・・・本当に相手の「打ち辛い正面」を突けているかどうか。

ただ真正面を狙う、だけだと実は楽にリターンされてしまう可能性が高いのです。

 

試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

 

■真正面のサーブは、簡単に周り込まれる

こんな経験、アナタはありませんか?

相手が動くまの正面、でボディを突いたつもりでサーブを打っても、相手が回り込んで打ってくる。

結果的に攻撃されて、サービスキープが出来ない。

見直すべきは、「回り込んでくる相手への対策」です。

 

■回り込むのが好きな相手は、ちょっとバックハンド寄りに打ってみる

フォアハンドで回り込んでいく相手には、その回り込みも想定する。

少しだけバックハンド寄りに打つと、相手はフォアハンドで回り込もうとして結果的に良いボディサーブになる。

自分から打ち辛い方に動いてくれるなんて、楽ですよね。

この微妙な数十センチが、すごく効いてくる。

ここまで計算してこそ、良いサービスゲームが展開できるのです。

 

■相手の回り込み防止策、は絶対に必要です!

ストロークでもそうですが、相手の回り込みを防ぐ対策は絶対に必要です。

サーブではセカンドサーブ、は特に攻撃されがち。

回り込む速度、相手の体格や腕の長さにも寄りますので、必要な調整はその場で探っていきましょう。

大事なのは、周り込んだときのボディはどこにあるのか、を意識すること。

 

難しく考えないで、少しだけ相手のバックハンド寄りにサーブを打ってみましょう。

回り込んでくる相手は、きっとフォアかバックか迷ってくれる。

迷った挙句、良いボディサーブになる。

ダブルスでは有効なコース、サーブになりますのでぜひ試してみて下さい。

セカンドサーブからのポイント取得率、改善されるはずです。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

    試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。この力がある、あ…

  2. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」してくれるかも知れない

    ダブルスフォルトは、皆さんどんなときに多くなりますか?「サーブの調…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている気がします

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  5. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

    サーブはとにかく、センターに打ちたい。ダブルスをプレーしている…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?
  2. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います
  4. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は、ただのこじらせ屋さんで…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
PAGE TOP