テニス スポーツ

メンタル

テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。

ですがテニスほど、熱く、激しく、相手と戦っているスポーツは無いと思う。

実際に身体がぶつかり合うことはありませんが、ボールを通じて魂と魂が激しくぶつかり合っている。

時には勇気を出して、相手に対して「向かっていく」ショットを打つことも大事。

相手を怖がっていては、テニスも試合に勝てないのです。

今回はテニスの試合の中で勇気が要るショット、まとめてみました。

 

テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

 


 

1.ダブルスの試合でのストレートアタック

前衛にむかって、ぶつけていくような気持ちで打つ。

触られないように、と思うとサイドアウトしたりミスが増える。

相手の身体、バックハンドを狙っていく勇気があれば、きっと効果的なショットになるはずです。

ボレーヤー相手にも強気のストローク、試合では必要です。

 

2.ドロップショット、ドロップボレー

前に落とすショットは、そもそも技術的にも難しい。

でもそれ以上に難しいのは、なかなか前に落とす勇気が出ないから。

ミスすればもったいない、成功しても相手に追い付かれるかもしれない不安は確かにあります。

ですが大事なポイントで成功させてこそ、ドロップ系のショットは試合の流れを自分の方にもってこれる。

難易度が高いショットも、まずは打つ勇気が求められるのがテニスです。

 

3.ネットダッシュからのネットプレー

前に出る、というプレーはテニスで最も勇気が要るプレー。

ですがこのネットダッシュが出来ないと、アナタのプレーは半分くらいの要素しかない。

相手も単調なプレーにやりやすくなり、きっと試合でも格上相手に勝つことは難しいでしょう。

「ボレーが苦手だから・・・速いボールが怖いから・・・」と、臆病になっている時間はありません。

勇気を持って前に出てみて、初めて掴むきっかけがあるはずです。

 

4.「試合に絶対に勝つ」という勇気を持つこと

試合に勝つ、のにも勇気が要る。

これには絶対に勝つ、という意志を相手に見せることも大事です。

テニスって、悔しいけど試合に負けている方が楽だったりします。

格上相手に勝ったら、アナタに向かってくる相手も増える訳ですし、期待も増える。

試合に勝つための覚悟、をしっかり決めてコートに立つこと。

実はこれが一番大事な準備だと、私は思います。

 

勇気が持てるかどうか、実戦でどんなプレーが出来るのか。

ここにしっかり意識を置いておかないと、対人スポーツであるテニスの試合で勝つのは難しい。

ネットを挟んだ向こう側にいる選手は、アナタが倒すべき選手。

勇気を持って、向かっていく、戦っていく。

そして自分自身のテニスを、変えていく。

このことを再度考えてみると、きっと強いメンタルも養われていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  2. テニス 守備

    メンタル

    「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?

    団体戦、高校生の選抜予選などではシングルスとダブルスを合せて5本の勝負…

  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    ダメな時にも頑張る、頑張れた選手が最後に勝つ

    良い時には頑張れる。誰だって、そうだと思います。それが…

  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  5. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!

    試合になると、練習の強気なショットはどこへやら。何度出て経験を…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

    メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。…

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  2. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?
  3. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  5. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です
PAGE TOP