テニス スポーツ

メンタル

テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。

ですがテニスほど、熱く、激しく、相手と戦っているスポーツは無いと思う。

実際に身体がぶつかり合うことはありませんが、ボールを通じて魂と魂が激しくぶつかり合っている。

時には勇気を出して、相手に対して「向かっていく」ショットを打つことも大事。

相手を怖がっていては、テニスも試合に勝てないのです。

今回はテニスの試合の中で勇気が要るショット、まとめてみました。

 

テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

 


 

1.ダブルスの試合でのストレートアタック

前衛にむかって、ぶつけていくような気持ちで打つ。

触られないように、と思うとサイドアウトしたりミスが増える。

相手の身体、バックハンドを狙っていく勇気があれば、きっと効果的なショットになるはずです。

ボレーヤー相手にも強気のストローク、試合では必要です。

 

2.ドロップショット、ドロップボレー

前に落とすショットは、そもそも技術的にも難しい。

でもそれ以上に難しいのは、なかなか前に落とす勇気が出ないから。

ミスすればもったいない、成功しても相手に追い付かれるかもしれない不安は確かにあります。

ですが大事なポイントで成功させてこそ、ドロップ系のショットは試合の流れを自分の方にもってこれる。

難易度が高いショットも、まずは打つ勇気が求められるのがテニスです。

 

3.ネットダッシュからのネットプレー

前に出る、というプレーはテニスで最も勇気が要るプレー。

ですがこのネットダッシュが出来ないと、アナタのプレーは半分くらいの要素しかない。

相手も単調なプレーにやりやすくなり、きっと試合でも格上相手に勝つことは難しいでしょう。

「ボレーが苦手だから・・・速いボールが怖いから・・・」と、臆病になっている時間はありません。

勇気を持って前に出てみて、初めて掴むきっかけがあるはずです。

 

4.「試合に絶対に勝つ」という勇気を持つこと

試合に勝つ、のにも勇気が要る。

これには絶対に勝つ、という意志を相手に見せることも大事です。

テニスって、悔しいけど試合に負けている方が楽だったりします。

格上相手に勝ったら、アナタに向かってくる相手も増える訳ですし、期待も増える。

試合に勝つための覚悟、をしっかり決めてコートに立つこと。

実はこれが一番大事な準備だと、私は思います。

 

勇気が持てるかどうか、実戦でどんなプレーが出来るのか。

ここにしっかり意識を置いておかないと、対人スポーツであるテニスの試合で勝つのは難しい。

ネットを挟んだ向こう側にいる選手は、アナタが倒すべき選手。

勇気を持って、向かっていく、戦っていく。

そして自分自身のテニスを、変えていく。

このことを再度考えてみると、きっと強いメンタルも養われていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

  2. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

    試合に出ていると、常に葛藤の連続。みなさんも、勝ちたいと思った…

  3. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

    テニスの上達が早い人。そういう人は、自分自身で大きな刺激を受け…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方

    テニスの試合に勝ちたい。そう考えると、練習にも緊張感が生まれる…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  3. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれ…
  5. テニス 楽天

    シングルス

    シングルスの試合で流れを変える特攻作戦、「ドロップショットを打ってネットダッシュ…
PAGE TOP