テニス 睡眠

その他

「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。

疲労回復が出来る選手、出来ない選手ではトーナメントの勝ち上がり方にも差が出てくる。

体力がある無し、は関係ありません。

疲労回復は、しっかりした知識と実践で、必ず改善出来る。

参考までに、私が実践してきたもの、プロ選手が実際に実践している内容を紹介させて頂きます。

 

「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

 

1.クールダウンをしっかり行う

試合や練習の後、出来るだけすぐにストレッチと軽いランニングを行う。

特に下半身はしっかり伸ばして、可動域を確認しましょう。

疲れていなくても、筋肉を伸ばしておけば次の日の疲労は全然違う。

肩や肘に疲労が溜まっているときには、冷やすのも大事なクールダウンの一部。

氷嚢と用意しておけば、怪我したときにもアナタの助けになるでしょう。

 

 

2.終了後30分以内の栄養補給

運動の直後は、なかなか食欲が湧かないもの。

ですが、直後に少しだけ胃に何かを入れておくと、その後の食欲につながりやすい。

固形物ではなくても、ゼリー状のもの、フルーツジュース、バナナなどを少し食べておくと良いでしょう。

試合終了後に、素早い補給がその後の回復につなげることが出来ます。

習慣化出来ると、意外と苦にならないと思います。

 

3.終了後2時間以内に炭水化物、タンパク質を補給

筋肉が疲労している、試合や練習の後にはタンパク質の補給が有効、というのはみなさん聞いたことがあると思います。

ですが、ただ肉類を食べてもエネルギーの元となる糖質が無いと、うまく補給出来ない。

実はご飯を一緒に食べる日本食って、バランスの良い栄養食。

ポイントは、練習・試合の後2時間以内に食事する、ということが大事です。

ただし甘いものだけ食べると、糖質過多になって逆に疲労感が増しますので、注意が必要です。

 

4.夜はとにかく早く寝る

基本ですが、まずはしっかりと睡眠を取ること。

負けて悔しい、勝って嬉しいときにも、睡眠時間の確保はアナタの仕事です。

その際には、しっかり水分も摂ってから横になること。

そして試合について、考え過ぎないことも大事。

モヤモヤすることがあれば、テニスノートに書いて自分の「外」に出しておく。

意外とスッキリするのでお勧めです。

 

疲労回復、も大事なテニスの実力のうち。

しっかり習慣付けておけば、それだけでアナタの武器になります。

意外とテニスの大会って、万全の状態で挑んでいる選手って少ないのかも知れません。

今回ご紹介した内容も、本当に一部。

ぜひアナタなりに考えたり調べたりして、自分なりの疲労回復術、見つけて下さい。

関連記事

  1. その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  2. テニス メンタル

    その他

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い

    大会に出ていると、色々な選手がいる。よく観察してみると、アナタ…

  3. その他

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  4. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  5. その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  6. その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?

    試合前に色々作戦を考えたり、ウォーミングアップしたりするけど、意外と基…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことで…
  2. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と
  3. テニス ストローク

    リターン

    ブロックボレーやブロックリターンは、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコン…
  4. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  5. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
PAGE TOP