テニス 練習

練習メニュー

練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由

テニスの練習には、「球出し」が付き物。

テニスコーチでなくとも、例えばラリー練習を1対1でやるとき、どちらかの選手がボールを打って始めますよね。

これも立派な、球出しです。

他にも手で投げたボールを打つ練習や、ラケットを使って出したボールを打つ基礎練習、も部活やサークルでもあるでしょう。

実は球出しには、テニス選手として求められる技術、要素が詰まっているんです。

球出しが上手い人、をよく観察してみて下さい。

 

練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由

 

1.テンポが良い

リズム、テンポよくボールを出してくる相手は、練習もやりやすい。

ラリー練習でも、ボールが途切れてすぐ出してくれたり、すごく気が利く選手いますよね。

相手にボールを送る、だけでもすごくキレイな球筋になる。

同時に複数の選手に球出し出来る選手は、自分の中でタイミングを取るのが上手いですし、相手を観ながら「動いて打つ」場所にボールを出せる。

テンポの良い球出しは、自然と打っている相手も気持ちよく打てる。

良い練習が出来るし、自然に周りに人が集まって来るのです。

 

2.薄いグリップが身に付く

私はこれが一番、オススメしたい大事なポイント。

薄いグリップ、コンチネンタルグリップで球出しが出来るようになると、フォアハンドのスライスがまず上手くなる。

ボレーでの柔らかいタッチも身に付きやすいので、オススメです。

スピン系のストロークのグリップだと、一回一回の球出しで力を使うし不便。

力をボールに伝えやすい、コンチネンタルグリップの練習にも球出し練習は最適です。

 

3.相手に対する観察力が鋭くなる

球出しが上手い選手は、よく観察している。

仲間のテニスを真剣に観ているので、細かい調整が上手い。

例えばちょっと打点が近いな・・・と思った選手には、少し横回転をかけてバウンド後に打点を離してあげる。

こんな気が利く球出しが出来る選手って、絶対試合でも強い。

なぜなら相手に応じて、回転を使って打点が調整出来るんですから。

打っている人を正確に観察して、調整出来る術は球出しで養うことが出来ます。

 

4.球出しする相手を「動かす」感覚が身に付く

試合が強い選手は、相手を「動かしている」感覚がある。

動かしている結果、ポイントが決まるので無理をしない。

球出しって、厳しい練習だと相手が「頑張って、ギリギリ届く」距離に出しますよね。

それってまさに、試合の実戦で打ちたいショット。

球出しで相手を動かす感覚を養えている感覚がある選手は、自然と試合でもコントロール力が身に付いていきます。

 

「球出し役、嫌だな・・・」と思う方も多いでしょう。

そんな人は、損してます。

上記に書いたような身に付く技術、もありますが、球出しが出来ると「人にテニスを教えること」も自然に出来る。

大学に入れば、アルバイトコーチも出来るでしょう。

テニスを教える、のはもう最高の自分の練習になる。

たかが球出し、されど球出し。

テニスというスポーツに出会った以上、ぜひ真剣に取り組んで欲しいテーマです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?

    私がテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、よく生徒さんから聞か…

  3. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習

    ダブルスの試合、前衛と後衛がめまぐるしく入れ替わる。これが硬式…

  4. テニス 部活
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。…

  6. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス 上達

    練習メニュー

    歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう
  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな…
  4. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
PAGE TOP