テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多いですか?

意外と見落とされがちですが、スマッシュを打とうとして「相手が走っているのが、目に入る」ことがある。

本人は気付いていないかも知れませんが、これって立派な相手の作戦勝ち。

私もよくやります。

あえて先に動いて、相手に予測を見せておいてミスを誘う・・・のに、引っかかってはダメです。

スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

 

■スマッシュを決めるのは、思った以上に難しい

皆さんも試合で経験あると思います。

まず、周りが「これは決まっただろー」というように観てくるプレッシャーがある。

それに、相手が粘り強い、嫌らしい相手なら予測をして動いてくることも考えられる。

相手の狙いは、もちろん予測を当てて返球したいというのもありますが、それ以上にプレッシャーをかけて精神的に揺さぶること。

あえて動きを目に入れて、揺さぶることでアナタのミスを誘う、のが一番の狙いなのです。

もちろん、粘り強い相手はスマッシュの返球にも慣れているでしょう。

その誘いに乗らない為には、強い意志が大事です。

 

■一度決めた打つコースを、基本は「変えない」のが大前提

相手が自分が打とうとするコースに走っていても、基本は変えない方が良い。

良いスマッシュを打てていれば、またチャンスでありロブが来る。

これを嫌がって先に決めたい、と思うとミスになる。

チャンスが続くなら、それでOKくらいの認識で待てると心に余裕が持てますよね。

ですので基本はコースを変えない、をベースに考えて準備しておきましょう。

 

■コースを変えたいときには、ボール速度を落とす

もしどうしても相手に先回りされている、やばそう・・・というときには、コースを変えるのも有り。

技術が要りますが、ボールスピードを落として良いくらいの気持ちで打つようにしましょう。

プロ選手も「逆を突く」ときのスマッシュは、スピードは遅いですよね。

遅くても充分、ポイントにつながると分かっているからです。

しっかりリスク管理しながら、相手の逆を突けるようであれば突く。

でもやっぱり、無理せず決めたコースに打つ、のどちらかはハッキリさせておきましょう!

 

スマッシュの苦手意識、持っている人が多い。

だからこそロブも多いし、揺さぶってくる術はみんな工夫してくる、そのプレッシャーにアナタは勝たないといけない。

動く相手が目に入る、のはテニス選手として大事なこと。

目に入らない人、の方がおかしい。

しっかり受け止めて、対応していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

    スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  3. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫…
  4. その他

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない
  5. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜…
PAGE TOP