テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多いですか?

意外と見落とされがちですが、スマッシュを打とうとして「相手が走っているのが、目に入る」ことがある。

本人は気付いていないかも知れませんが、これって立派な相手の作戦勝ち。

私もよくやります。

あえて先に動いて、相手に予測を見せておいてミスを誘う・・・のに、引っかかってはダメです。

スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

 

■スマッシュを決めるのは、思った以上に難しい

皆さんも試合で経験あると思います。

まず、周りが「これは決まっただろー」というように観てくるプレッシャーがある。

それに、相手が粘り強い、嫌らしい相手なら予測をして動いてくることも考えられる。

相手の狙いは、もちろん予測を当てて返球したいというのもありますが、それ以上にプレッシャーをかけて精神的に揺さぶること。

あえて動きを目に入れて、揺さぶることでアナタのミスを誘う、のが一番の狙いなのです。

もちろん、粘り強い相手はスマッシュの返球にも慣れているでしょう。

その誘いに乗らない為には、強い意志が大事です。

 

■一度決めた打つコースを、基本は「変えない」のが大前提

相手が自分が打とうとするコースに走っていても、基本は変えない方が良い。

良いスマッシュを打てていれば、またチャンスでありロブが来る。

これを嫌がって先に決めたい、と思うとミスになる。

チャンスが続くなら、それでOKくらいの認識で待てると心に余裕が持てますよね。

ですので基本はコースを変えない、をベースに考えて準備しておきましょう。

 

■コースを変えたいときには、ボール速度を落とす

もしどうしても相手に先回りされている、やばそう・・・というときには、コースを変えるのも有り。

技術が要りますが、ボールスピードを落として良いくらいの気持ちで打つようにしましょう。

プロ選手も「逆を突く」ときのスマッシュは、スピードは遅いですよね。

遅くても充分、ポイントにつながると分かっているからです。

しっかりリスク管理しながら、相手の逆を突けるようであれば突く。

でもやっぱり、無理せず決めたコースに打つ、のどちらかはハッキリさせておきましょう!

 

スマッシュの苦手意識、持っている人が多い。

だからこそロブも多いし、揺さぶってくる術はみんな工夫してくる、そのプレッシャーにアナタは勝たないといけない。

動く相手が目に入る、のはテニス選手として大事なこと。

目に入らない人、の方がおかしい。

しっかり受け止めて、対応していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  2. テニス 格上相手

    スマッシュ

    「スマッシュ上手より、ロブ対処上手」テニスの試合で必要なシンプルな考え方

    スマッシュをどう考えている?技術的には難しいショットだと思うん…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    自分のスマッシュに「決定力が無い・・・」と感じている人が意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  5. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、いつまで経ってもスマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  6. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信がある…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  3. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  4. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  5. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!…
PAGE TOP